ホンダ

ホンダN-BOXの値引き相場や交渉方法を紹介!リセール価格が良いカラーも

  • これからN-BOXの購入を検討している方
  • N-BOXの値引き交渉の方法を知りたい方
  • N-BOXの値引き相場を知りたい方

今回は、このような方にとっての記事になります。

ホンダで展開されているN-BOXは、ファミリーカーの代用としても非常に人気があります。

主に、子持ちの家族の方が乗っている印象があります。

  • 「ファミリーカーが欲しいけど、少しサイズが大きすぎる。」
  • 「ミニバンは、サイズが大きいから運転するのが大変。」
  • 「家族全員で乗れるかつ買い物車としても使用したい。」

このような意見を持っている方に人気があるのが現状になっています。

コンパクトかつ実用性を兼ね備えたN-BOXですが、よりお得に購入する方法があります。

それが値引き交渉です。

値引き交渉を正しい手順で行うことによって、できるだけ安くN-BOXに乗ることができます。

できるだけ安く購入することで、家計にもめちゃくちゃ嬉しいのでぜひ参考にしてください。

ホンダ N-BOXの値引き相場

ホンダN-BOXの値引き相場について紹介していきます。

グレード名 駆動 値引き額
G Honda SENSING

2WD

5~20万円
G L Honda SENSING 5~20万円
G EX Honda SENSING 5~15万円
G L ターボ Honda SENSING 5~15万円
G EX ターボ Honda SENSING 0~10万円
G Honda SENSING 4WD 5~15万円
G L Honda SENSING 5~15万円
G EX Honda SENSING 5~15万円
G L ターボ Honda SENSING 5~10万円
G EX ターボ Honda SENSING 5~10万円

表から読み取れることとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • グレードによって、値引き額が異なる
  • 上位グレードの方が値引き額が低い
  • 2WDの方が値引き額が高い

このようなことが挙げられます。

全てのグレードを平均すると約150,000円ほどの値引きがされています。

購入価格からこれほどの値引きがされれば非常に嬉しいですね。

しかし、これはあくまで値引き交渉をした上での金額になります。

逆に言うと、値引き交渉をしなければこれほど値引きされることは考えられません。

しっかりとして手順で値引き交渉をすることによって、お得な買い物をすることができるので、事前位準備をした上でディーラーへ訪れるようにしましょう。

ホンダ N-BOXの値引き交渉方法|準備

それでは実際にN-BOXの値引き方法について紹介していきます。

値引き交渉をする上で、ディーラーを訪れる前に準備する内容があります。

以下のような準備を行ってから実際に値引き交渉に入るようになります。

  • N-BOXのライバル車の見積もりを取る
  • 事前に値引き額の相場をチェックする
  • 下取りに出す車の下取り額の把握

1つずつ解説していきます。

N-BOXのライバル車の見積もりを取る

まず1つ目が、N-BOXのライバル車の、見積もりを取るようにしましょう。

こちらのポイントは、一番重要な内容になります。

ライバル車の見積もりを取って、ディーラーに持っていくことによって、担当している営業マンはすごく焦るようになります。

せっかくのお客様が目の前でライバルのメーカーに取られてしまうと、かなりショックが大きくなってしまうからです。

ライバル車も検討していることを知ることによって、できるだけお客様が満足いくような金額にしてくれます。

そのため、ライバル車の見積もりは必須になります。

N-BOXのライバル車は以下のようになります。

  • スズキ スペーシア
  • ダイハツ タント
  • スズキ スペーシアギア

これらの車種がN-BOXのライバル車になるので、事前にチェックしておきましょう。

事前に値引き額の相場をチェックする

次に重要な内容が、事前に値引き額の相場をチェックする必要があります。

事前にチェックすることによって、値引き額の基準ができるようになります。

チェックしないで値引き交渉に臨んでしまうと、無理な値引きをしてしまうことがあります。

例としてN-BOXで説明すると、上記の表を見てもわかるように値引き額の平均が約15万円になります。

しかし、これがわからずに20〜30万円の値引きを求めてしまうと、営業マンにも呆れられてしまいます。

最終的には、呆れられてしまって一切値引きをしてもらえないという結果になってしまうので、注意する必要があります。

N-BOXの値引きをしたいと考えている方は、上記の表を事前にチェックする必要があります。

下取りに出す車の下取り額の把握

最後にチェックする内容として、下取りに出す車の下取り額の把握をするようにしましょう。

値引き交渉になるので、一見下取りがくは必要なさそうに見えがちですが、そんなことはありません。

下取り額によっても値引き額が変化する可能性があります。

例えば、下取り額が平均よりも少ないとします。

下取り額が少ないので、新たに車を購入する際は支払う額が多くなってしまいます。

そのような場合は、値引き額が高くなる可能性があります。

逆を言うと、下取り額が大きい金額になってしまうと値引き額が少なくなる可能性があるので、注意するようにしましょう。

値引き方法【商談】

上記の内容が準備できましたら、実際にディーラーに訪れるようになります。

値引き交渉を行う際は、以下のような手順で行うようにしましょう。

  1. ディーラーで現車を確認する
  2. 実際に試乗して購入の意欲を伝える
  3. N-BOXの見積もりを出してもらう
  4. N-BOXのライバル車の見積もりと比較する
  5. 日付を変え値引き交渉を行う

これらの手順で行うことが重要になってきます。

具体的にどのような手順で、値引き交渉をする上でどのような部分にポイントがあるのか解説していきます。

①ディーラーで現車を確認する

まず初めにディーラーで現車を確認するようにしましょう。

車の購入は、ここから始まります。

ここでチェックする内容としては、購入したいグレードはどのグレードなのかということです。

必ず購入したいグレードを見るようにしましょう。

グレードによって、デザイン性やボディカラー、スペックなど違う部分がたくさんあります。

実際に見てみないとわからない内容もたくさんあるので、絶対に現車を確認するようにしましょう。

②実際に試乗して購入の意欲を伝える

購入したいグレードが決まれば、実際に試乗するようにしましょう。

車が運転してみないとわからないことがたくさんあります。

運転の試心地や乗り心地、運転席からの目線などたくさんチェックするポイントがあるので必ず試乗する必要があります。

また、試乗することによって、営業マンに購入の意欲を伝えることができます。

興味本位で試乗する方はあまりいません。

試乗することで、営業マンに伝える印象がガラッと変わりますので、試乗は重要な内容になります。

③N-BOXの見積もりを出してもらう

試乗が完了しましたら、N-BOXの見積もりを出してもらいましょう。

ここで注意してもらいたいポイントが、まだ値引き交渉をしてはいけません。

ここで値引き交渉をしてしまうと、いかにも「値引きされないと購入しません!!」と言っているような感じになってしまいます。

そんな積極的に値引き交渉をしてしまうと、営業マンも引いてしまいます。

そんなことにならないためにも、まだ値引き交渉はしない方が良いです。

値引き交渉はしない上で、ライバル車の見積もりと比較するようにしましょう。

④N-BOXのライバル車の見積もりと比較する

N-BOXの見積もりが出ましたら、ライバル車の見積もりと比較するようにしましょう。

ライバル車と言われるくらいなので、価格はほとんど同じです。

購入するグレードによっても異なりますが、同じ価格になるはずです。

しかし、ライバル車と比較することによって、どの車を購入するか検討する情報としては非常に使える材料になります。

また、比較している様子を営業マンの方が見ることによって、焦りも出てくるはずなので、より値引きしやすい環境になります。

ここで値引き交渉に入ると思いますが、この日はまだ値引き交渉をしてはいけません。

値引き交渉をする際は、日付を変えるようにしましょう。

⑤日付を変え値引き交渉を行う

日付を変えて値引き交渉を行うことが重要なポイントになってきます。

どの日のうちに値引き交渉をしてしまと、あまり値引き交渉がうまくいかない実績があります。

それは、営業マンからすれば、すぐに値引きができるというわけではないからです。

値引きをする際は、営業マンも上司に確認する必要があります。

日付を変えることによって、その間に上司に確認する時間を確保することができます。

購入する方は、ライバル車と迷っている様子になっているので、値引きするのに必死になります。

そのため、日付を変えればより値引きされる可能性が高くなるのです。

ホンダ N-BOXのリセールバリューが良いカラー

N-BOXには、リセールバリューが良いカラーも存在します。

リセールバリューが良いカラーは、以下のようなカラーになります。

  • プレミアムアガットブラウン

  • クリスタルブラック・パール

  • プラチナホワイト・パール

これらのカラーがリセールが非常に良いカラーになります。

値引き交渉をするのも重要ですが、購入後のことも考えることも必要になってきます。

リセールが良いボディカラーのN-BOXに乗り換えることによって、いざ売却する際に大きな差が生まれてきます。

場合によっては、値引きされる15万円よりも差が生まれる可能性があるので、ボディカラーにこだわりがない方は、これら3つのボディカラーを購入するようにしましょう。

ホンダNBOXの購入を考えている方へ

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

無料で自分の愛車の相場が知りたい方はこちら

上記URLから申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。