車のお役立ち情報

カーナビのワンセグの感度を上げる方法を紹介!

  • ワンセグの感度を上げる方法
  • ワンセグの感度が悪い方
  • ワンセグの接続に悩まされている方

今回は、このような方にとっての記事になります。

車の中でテレビを見る方は、かなり多いのではないでしょうか。

大半の方は音楽などを聞くと思いますが、それでもテレビを見る方は一定数の方がいると思います。

ここで気になるのが、ワンセグの繋がりですよね。

そこの接続が悪くなってしまうと、どうしてもストレスになってしまいます。

昔の車なんかだと電波が悪くなってしまい、映りなんかも気になってしまいます。

そんか方のために今回は、ワンセグの感度の上げ方について紹介していきます。

紹介した内容を試してもらうことによって、ストレスなく車でテレビをチェックすることができるので、参考にしてください。

ワンセグの感度を上げる方法

早速ワンセグの感度を上げる方法について紹介していきます。

全部で5つの方法があるので、その人にあった方法でワンセグの感度を上げるようにしましょう。

  • 車専用のワンセグアンテナを購入する
  • アンテナにアルミホイルを巻きつける
  • 外部アンテナを取り付ける
  • ブースター付きワンセグ用フィルムアンテナを購入する

車専用のワンセグアンテナを購入する

1つ目の方法は、車専用のワンセグアンテナを購入するという方法です。

この方法は、かなり手取り早い内容になります。

後付けのクルマ専用のワンセグアンテナを購入するだけで、ワンセグの感度を上げることができます。

後付けでも取り付けることが可能という部分が、ポイントとなります。

  • 「納車時は感度が良かったけど、数年経ったら感度が悪くなった。」
  • 「いきなりワンセグが繋がらなくなった。」
  • 「中古車を購入したら、最初から感度が悪かった。」

後付けでも取り付けることができるため、このような場合でも簡単に取り付けることができます。

おすすめするワンセグアンテナは、『4×4車載用フルセグチューナー フルセグ ワンセグ 12V 24V 地デジ』になります。

  • フルセグ/ワンセグの自動切り替え機能付き
  • 中継局の自動サーチ機能付き
  • コンパクトサイズのチューナー

また、取り付け方法については、以下の記事になっています。

https://www.diylabo.jp/recipe/recipe-67.html

アンテナにアルミホイルを巻きつける

アルミホイル

続いての方法は、アンテナにアルミホイルを巻きつけるという方法です。

カーナビのロッドアンテナにアルミホイルを巻きつけることによって、感度を上げる方法になります。

○ロッドアンテナとは…??○ 

ロッドアンテナは伸縮可能な棒状のアンテナのことです。
簡素な構造ですが、必要に応じてアンテナを伸ばして電波の受信感度を高めることが可能です。また、アンテナを縮めると収納がしやすく、周囲の邪魔になりにくいのも特徴です。

このようなロッドアンテナにアルミホイルを巻きつけるようになります。

その巻き付け方法は、以下の手順で行うようにしましょう。

〈アルミホイルを巻き付ける方法〉 

  1. ロッドアンテナと同じ長さにストローを切る
  2. ストローにアルミホイルを巻き付ける
  3. セロハンテープでアルミホイルを固定
  4. ロッドアンテナに被せる

これらの手順で行うことによって、初心者の方でも簡単に感度を上げることができます。

走行中に外れないようにしっかり取り付けるようにしましょう。

外部アンテナを取り付ける

ワンセグの感度が悪い1つの原因として、内蔵アンテナである場合があります。

そのような際は、外部アンテナを取り付けるようにしましょう。

内蔵アンテナよりも外部アンテナの方が、感度が良い傾向にあります。

内蔵アンテナでも感度が良いのは、多数あります。

しかし、時間が経つにつれてどんどん感度が悪くなっていくのは事実です。

ここ数年で繋がりが悪くなってしまっている場合は、アンテナの交換時期になります。

良い機会だと思って、外部アンテナに切り替えることによって、ストレスなく走行することができます。

ブースター付きワンセグ用フィルムアンテナを購入する

ブースター付きアンテナ

続いての方法が、ブースター付きワンセグ用フィルムアンテナを取り付ける方法になります。

こちらの方法は、既存のワンセグの感度を上げることができるので、安価に対策することができます。

1つ目の方法で紹介した対策になると、ワンセグアンテナの交換になるので、どうしても費用と時間がかかってきてしまいます。

しかし、こちらの対策は追加のケーブルを取り付けるだけになるので、費用も時間もかけることなく対策できます。

取り付ける上で注意すべきポイントは、アンテナの位置になります。

アンテナの取り付ける位置に気をつける。
感度をできるだけ良くしたいのであれば、フロントガラスの上部に設置するようにする。

上記の注意点を気にしながら、しっかり取り付けるようにしましょう。

  • コスパが良いかつ効果に期待できる
  • アンテナの取り付け方法もネットにて紹介されている
  • 初心者でも簡単に取り付けられる 

ワンセグの感度が上がらない原因

続いてワンセグの感度が上がらない原因について紹介していきます。

感度を上げる方法もありますが、これから紹介する原因を潰し込むことで、より繋がりの良いワンセグにすることができます。

  • ケーブルの接続不良
  • カーナビの劣化・不良
  • 弱電界地域を走行する機会が多い

ケーブルの接続不良

1つ目の原因は、ケーブル不良である可能性が高いです。

ワンセグの感度というのは、年々接続が悪くなっていく傾向にあります。

悪くなってきている方は、まずケーブル不良を疑うようにしましょう。

ケーブルを変えるだけで、感度が良くなるケースはたくさんあります。

しかし、感度をよくするとはまた話が別になります。

あくまで感度が悪くなってきた場合は、ケーブルの接続不良を疑うようになります。

今以上に感度を良くしたい場合は、アンテナ自体の交換をする必要があります。

カーナビの劣化・不良

カーナビ

続いての原因は、カーナビの劣化・不良になります。

カーナビ自体が、故障してしまうケースも非常に多くあります。

この場合も、カーナビの取り替えが必要になります。

カーナビ自体の不良になると、カーナビ代や交換費用などお金がかかってきます。

その費用は、50,000〜100,000円になります。

これだけの費用がかかってくるので、事前にチェックしておく必要があります。

まず初めは、ケーブル不良を疑い、それで改善できなければカーナビ自体を疑うようにしましょう。

弱電界地域を走行する機会が多い

続いての原因は、弱電界地域を走行する機会が多いという内容です。

これは走行している・住んでいる地域の問題になります。

現在では、ある程度は改善されてきてはいますが、まだ弱電界地域は多くなっています。

この原因の場合は、自分でどうするというのは非常に難しい原因になります。

できるだけその場所を走行しないようにするしかありません。

また、ワンセグでのテレビ拝見は諦め、オーディオに切り替えるなどの方法を撮るしかありませんね。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。