車のお役立ち情報

猫が車の上(ボンネット)に乗らない方法は?効果的な対策や安く作れる物を紹介

  • 猫がボンネットの上に乗って困っている方
  • 猫の足跡が車についている方
  • 猫が車の上に乗らない方法を知りたい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

車を家の駐車場や店などの駐車場に駐車していると、猫が車の上に登ってしまっている光景を目にしたことがある方はいるでしょうか。

実際に、自分の車に乗ってしまっている跡がついている方も多いと思います。

猫はもちろん可愛い動物ですが、自分の車に登ってしまうのはそうしても避けたいですよね。

車に猫が登ってしまうと、以下のような厄介なことになってしまいます。

  • 猫の爪によってボディに傷がついてしまう 
  • 泥のついた足によって、泥などの汚れがついてしまう
  • 猫がエンジンルームにいるのに気づかずに走行してしまう

これらのような影響があります。

猫にとっても車の持ち主からしても、悪影響しかありませんよね。

場合によっては、猫が命を落としてしまう可能性もあります。

そのため、車の上に乗ってしまう猫が近くにいるのであれば、絶対に乗らない対策をしなければなりません。

愛車に傷がついてしまうと、がっかりしてしまう方もいると思いますので、そのような方はできるだけ早めの対策をするようにしましょう。

猫が車の上に乗らないような対策をしようと考えている方は、今回の記事を参考にしてください。

猫が車の上に乗ってしまう理由

まず初めに、猫が車の上やエンジンルームの中に入ってしまう理由について紹介していきます。

  • 日向ぼっこには最適の場所
  • 寒さを凌ぐのに絶妙なエンジンルーム
  • アスレチック感覚で移動

1つずつ紹介していきます。

日向ぼっこには最適の場所

 

猫が車の上に乗ってしまう1つ目の理由が、日向ぼっこには最適な場所ということです。

車の上は猫にとって、非常に優れた最高の場所になっています。

それは、太陽が当たっているボディ表面はかなり熱くなっているからです。

猫が車の上に乗るのは、寒い時期に多いです。

野良猫などは、冬の寒さを凌ぐために日向ぼっこをしようとします。

その最適な条件が整っているのが、車のボディです。

車のボディは、常に太陽の光が当たっているので冬の寒い時期ではちょうど良い温度になっています。

  • 太陽の日光が直接当たっている
  • ボディ表面もちょうど良い温度になっている
  • 車の上に登っていれば、誰にも邪魔されない 

車のボディに登ることによって、上記のような条件を満たしていることから、非常に優れた場所となっています。

猫によっては、家の屋根の上などでも日向ぼっこしているのをよく見かけます。

それも同じような理由になっています。

そのため、車のボディの上に登る猫は非常に多いのです。

寒さを凌ぐのに絶妙なエンジンルーム

次の理由が、寒さを凌ぐのに絶妙なエンジンルームです。

これはエンジンルームに入ってしまう理由になります。

エンジンルームは、誰もが知っている通り風を通しにくい場所になっています。

それに加えて、エンジン停止直後は非常に暖かくなってしまいます。

猫は、エンジンルームが暖かいうちに下から入ってしまう傾向にあります。

猫の特徴として、冬はこたつの中で丸くなっていますよね?

猫は、暖かい場所に移動する特性があるので、エンジンルームに入ってしまいます。

しかし、こたつの温度とエンジンルームの温度は全然違います。

エンジンが起動してしまうと、人間でも耐えられないくらいの温度になってしまいます。

長時間その場所にいてしまうと、猫は命を落としてしまうケースがあります。

過去にも同じような事例が何度も発生しているので、野良猫が多い地域では、エンジンルームを定期的にチェックした方が良さそうです。

アスレチック感覚で移動

3つ目理由としては、アスレチック感覚で車の上を移動しています。

猫は、とにかく高いところが大好きです。

猫を飼っている家では、猫を楽しませるために以下のような遊具を置いていますよね。

キャットタワー

猫は、このようなスレチックのような遊びを好みます。

そのため、できるだけ高いところに登ろうとするわけです。

それに最適なのが、車の上になります。

車の上を経由して屋根の上に登ったり、柵に登ったりと車の上を経由するして違う場所に移動するのに登ります。

猫にとっては、アスレチック感覚で非常に楽しい遊びと感じているようです。

猫が車の上に乗らないための対策方法

続いて本題に入ります。

猫が車の上に乗らないための対策方法について紹介していきます。

  • 車にボディカバーをかける
  • 車の周りに猫が嫌がるような物体を置く
  • 猫除け用音波発信機を置く 

車にボディカバーをかける

ボディカバー

まず1つ目の対策方法は、車にボディカバーをかけるという対策です。

【メリット】 

  • 安く手軽に対策することができる
  • どの車種にでも対応している
  • 駐車場の環境に囚われずに対策することができる

【デメリット】

  • 猫が車の上に乗ることは防げない
  • 毎回ボディカバーをかける手間が発生する

この対策は、猫が乗ることによってついてしまう車のボディへの傷や汚れをつけないための対策になります。

他の対策と比較すると、安く手軽に対策することができます。

ボディカバーは、どんなに大きな車種にでも対応しています。

誰でも簡単に対策できるのが、ボディカバーの最大のメリットになります。

しかし、デメリットもあります。

それは、猫がボディに乗ってしまうことは防げないということです。

あくまでもボディカバーをかける目的は、汚れや傷をつけないためにかけることです。

猫がボディに乗ることに対しては防げないのが、こちらの対策のデメリットになります。

また、毎回ボディカバーをかけるという手間が発生するので、できるだけ手間はかけたくないという方にとってはあまりオススメできません。

車の周りに猫が嫌がるような物体を置く

2つ目が、車の周りに猫が嫌がるような物体を置くという対策です。

【メリット】 

  • 車のボディに乗ることを防ぐことができる
  • 野良猫の群れがいなくなる可能性がある

【デメリット】

  • 物体を置く・回収するという手間が発生する
  • 車の周りを覆うくらいの数を購入しなければいけない

車の周りに猫が嫌がる物体を置くことによって、猫の群れがいなくなる可能性があります。

車の周りに置く物体というのは、主に以下のような商品になります。

対策後の効果も期待できるのが、大きなメリットになります。

猫除けの対策をずっとするのは正直厳しい部分があります。

費用面でもずっと購入するのは厳しいという方が多いと思います。

そのため、一時的な効果ではなく、対策後の効果も期待したい方であればこちらの対策がオススメです。

しかし、物体を置く・回収するといった手間が発生します。

また、物体を購入しなければいけないため、費用面もかかってきます。

野良猫の群れがいなくなるまでの間、対策を続けられるメンタルがある方であれば、継続できる対策になります。

猫除け用音波発信機を置く 

3つ目の対策が、猫除け用の音波発信機を置く対策です。

【メリット】 

  • 一度設置するだけで対策することができる
  • 他の対策と比べて手間がかからない

【デメリット】

  • 猫除け用音波発信機を購入するのに費用がかる
  • 機器が故障する可能性がある

一般的にこちらの対策を導入している方が多くいます。

一度購入して設置するだけという、非常にシンプルな対策になるので一切手間がかかりません。

そのため、誰でも簡単できることから対策しやすい内容になっています。

手軽に対策をしたい方にオススメです。

しかし、猫除け用音波発信機を購入する費用がかかります。

商品によって高いものもあれば、安いものもあります。

高いものになればなるほど、効果が期待できるのは確かなので、自分に合った商品を購入する必要があります。

オススメする猫除け用音波発信機は以下の商品になります。

  • 【安心の返品保証付き】猫よけ 猫除け 庭に入って ふん や 尿 をして困る! 
  • Panasonic 超音波ねこ糞害軽減器 ねこちゃんしないで | EC801G | 猫対策 猫忌避 猫退治 | パナソニック 1年保証

猫が車の上に乗らないために置くべきもの

猫が車の上に乗らないために置くべき物体について紹介していきます。

置くべきものについては、以下のような物体になっています。

  • 猫除け用音波発信機
  • プラスチック製のトゲトゲした物体

主にこの2つになります。

実際に試している方がいますが、効果についてはかなり期待できます。

今すぐにでも野良猫の群れを無くしたい方や車のボディへの傷や汚れを防ぎたい方にとっては、オススメの対策になるので試してみる価値はあります。

すぐに対策できるというメリットもあるので、ぜひ参考にしてください。

猫が車の上に乗らない障害物の自作例

続いて、猫が車の上に乗らない障害物の自作例について紹介していきます。

Twitterに投稿されていた内容で紹介していきます。

それぞれの対策によって、効果があるものとないものに分かれているようですね。

車の周りで猫が歩きそうな場所にトゲトゲ設置

100均で販売されている猫除け用のトゲトゲを猫が歩きそうな場所に設置しています。

猫は上記の写真のような柵の上を歩くケースが多いです。

そこを経由して車の上に登ってしまうことがあることから、まず柵の上に対策をしています。

この対策の効果がなければ、他の対策を考える必要がありますね。

車の屋根への侵入を防ぐためにトゲトゲを購入

こちらも100均のトゲトゲを購入した対策になります。

100均のトゲトゲは、安価で購入できることから試しで対策をする方が多いです。

設置する場所によっては、多数購入する必要がありますが、100均の商品になるのでいくらでも購入することができます。

試しで対策をしてみるのもありですね。

猫除け音波発信機の購入

続いての対策は、音波発信機の購入になります。

こちらも設置する場所を考える必要はありますが、効果がある場所に設置できれば非常に効果のある対策になります。

最短で猫除け対策をしたい方であれば、音波発信機の購入をオススメします。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。