トヨタ

なぜヤンキーはヴェルファイアやアルファードに乗るの?理由を紹介!

  • ヤンキーがアルファードやヴェルファイアに乗る理由を知りたい方
  • 大型ミニバンに乗る理由を知りたい方
  • アルファードなどの車が怖いと感じる方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

周りに見栄を張りたい方や自分を強く見せたい方は、アルファードやヴェルファイアといった大型ミニバンに乗る方が多いです。

なぜ、そのような大型ミニバンに乗る方が多いのでしょうか。

しかも、現行型ではなく古いモデルの車種に乗る方が非常に多いです。

そのような方を刺激したり、急な割り込みをしてしまうと煽り運転を受けてしまうこともあります。

このようなイメージを持ってしまうことやそもそもヤンキーがヴェルファイアやアルファードに乗っている理由について紹介していきます。

ヴェルファイアやアルファードのイメージはなぜ悪いのか

そもそもヴェルファイアとアルファードのイメージはなぜ悪いのでしょうか。

実用性としては一番最高な車種になります。

特に家族持ちの方は、荷物や乗る方が多くなってくるので、一家に1台は欲しい車になります。

そんな実用性に優れた車種のイメージが悪くなってしまうのは、以下のようなことが考えられます。

  • 威圧感のあるフロントグリル
  • 存在感が半端ないボディサイズ 
  • 悪いイメージを勝手に持っている方が多い

威圧感のあるフロントグリル

イメージが悪い原因の1つは、車種のデザインにあります。

ヴェルファイアとアルファードは、威圧感のあるフロントグリルになっています。

そのため、イメージが悪くなってしまう印象があります。

車のイメージだけの印象になるので、実際に乗っている方のイメージが悪いというわけではありません。

どうしてもこの2つの車種のフロントグリルは、かなりの威圧感を与えてしまいます。

逆を言うと、その部分が車の良い点でもあります。

特徴的なフロントグリルをしていることから、そこに惚れ込む方が多くいます。

カッコ良すぎて恐怖に感じる方も中にはいるようです。

存在感が半端ないボディサイズ 

もう1つ考えられることとしては、車のボディサイズにあります。

ヴェルファイアとアルファードのボディサイズは、ミニバンの中でもトップクラスの大きさになります。

そんなボディサイズは、以下のようになります。

アルファード⇨全長 4,950 mm x 全幅 1,850 mm x 全高 1,950 mm
ヴェルファイア⇨ 全長 4,935 mm x 全幅 1,850 mm x 全高 1,950 mm

このように大型ミニバンになっているので、怖いと言う印象を相手に与えてしまうことがあるようです。

ボディサイズが大きくなれば大きくなるほど、相手に与える印象は大きくなってしまいます。

アメ車などの大きな車は、走行しているだけで異様な存在感を放っていますよね。

それに似たような存在感が、ヴェルファイアとアルファードにはあります。

そのため、悪いイメージを持っている方は多くいるようです。

悪いイメージを勝手に持っている方が多い

そもそも悪いイメージを持っている方が多くいます。

ヴェルファイアとアルファードに乗っている方は、そんなに怖い方はいません。

購入する方は、家族持ちの方や遠出などをたくさんする方が購入する傾向にあります。

そのため、あまり怖い方が乗っていません。

むしろ家族持ちの方が乗っているので、大人らしい方々ばかり乗っています。

車だけすごい威圧感があるだけで、運転手はすごく優しいということになります

車のデザインやボディサイズの大きさがあるため、勝手に悪いイメージを持っている方が多くいます。

ヴェルファイアやアルファードに乗っている人が多く住む地域

続いて、ヴェルファイアとアルファードに乗っている方が多く住む地域について紹介していきます。

ヴェルファイアとアルファードが多い地域は、以下の地域になります。

  • 北関東地方
  • 関東地方
  • 四国地方 

これらの地域になります。

現行型のモデルも合わせたデータになりますが、上記の3つの地域が一番乗っている地域になります。

共通点は、やはり車の実用性になります。

東北地方などの山道が多く、ドライブロードがたくさんある地域ではあまり人気がないようです。

逆に買い物やお出かけの際に街乗りする関東地方が多い傾向にあります。

また、送迎用としても購入する方が多くいます。

特に関東地方では、自分で運転するというよりかや運転手がついている方ががほとんどなのではないでしょうか。

主に送迎用としてヴェルファイアとアルファードを購入する傾向にあります。

そのため、ヤンキーとの繋がりはあまりなさそうですね。

ヤンキーが見栄を張ってヴェルファイアやアルファードに乗っている理由

続いて、ヤンキーがヴェルファイアやアルファードに乗っている理由について紹介していきます。

ヴェルファイアやアルファードは、かっこいいやイカツイといった特徴があります。

そのような車にヤンキーの多くが乗っている理由は以下のようなことが挙げられます。

  • 大型ミニバンの実用性に惚れている
  • 周りから強いと思われたい
  • カスタムがしやすいボディタイプ
  • 古いモデルだと購入しやすい価格帯

大型ミニバンの実用性に惚れている

大型ミニバンの実用性に惚れている方が多くいます。

ヤンキーの方は、車の状態も大事ですが遠出や長距離運転もすることが多くあります。

そのため、大容量の荷物や大人数乗れる車が必要になります。

そのような方に最適なのが、ヴェルファイアやアルファードになります。

購入することによって、多くの友達を乗せることができるので、実用性に優れた車になります。

そのため、満足度が非常に高いかつかっこいいデザインに惚れ込んで購入するヤンキーが多いようです。

周りから強いと思われたい

周りから強いと思われたいのが1番の理由になります。

ヤンキーは、見栄っ張りの方が非常に多いです。

自分が強くなるというよりかは、持っているものや服装からヤンキーにする傾向にあります。

そのため、存在感がある強そうなアルファードやヴェルファイアを購入する方が多くいます。

また、純正のデザインではあまりヤンキーっぽさを出せないため、自分好みにカスタムする方がいます。

基本的にヤンキーの方が購入するのは、古いモデルになります。

そのため、自由にカスタムすることができ、イカついデザインからヤンキー車にまで幅広いカスタムをすることができます。

ヤンキーの方が強く見られたいと思われる車では、最適な車がアルファードとヴェルファイアになります。

カスタムがしやすいボディタイプ

上記にも少し触れましたが、カスタムがしやすいボディタイプになっています。

アルファードとヴェルファイアは、かなりカスタムしやすい車種になります。

元々がイカついデザインになっているので、少しカスタムするだけで威圧感が増す車になります。

少しカスタムするだけで強そうに見える車種は、他にないのではないでしょうか。

ボディサイズが大きいかつイカついデザインをした車は、この2つの車種に限られるので、できるだけ強く見せたいヤンキーは購入する傾向にあります。

さらに少しカスタムするだけで、自分の理想通りになるので、こんなに最適な車は他にありません。

古いモデルだと購入しやすい価格帯

古いモデルだと購入しやすい価格帯になります。

現行のモデルだと最安値でも400万円くらいになるので、安易に購入できるような車ではありません。

しかし、古いモデルは車種によっては100万円を切るくらいの価格帯になります。

そのため、ヤンキー仕様する費用を残しつつ車を購入することができます。

そのため、ヤンキーの方は現行モデルというよりかは古いモデルの車を購入する傾向にあります。 

○アルファード 2012年式 950,000円○

○ヴェルファイア 2013年式 890,000円○

まとめ

ヤンキーがヴェルファイアとアルファードのような車に乗る理由は以下の4つの内容が考えられます。

  • 大型ミニバンの実用性に惚れている
  • 周りから強いと思われたい
  • カスタムがしやすいボディタイプ
  • 古いモデルだと購入しやすい価格帯

ヤンキーの方にとってはピッタリの車種になっているのが、ヴェルファイアとアルファードの特徴になります。

カスタムがしやすいかつイカついデザインであることから購入する方が多くいます。

デザイン性もそうですが、実用性に惚れ込む方も多くいます。

大型ミニバンとして展開されているため、内装の座り心地は最適です。

長距離運転でも疲労を感じず、室内空間の居心地が最高なので、ストレスを感じることはありません。

実用性が良いかつカスタムしやすい車種ということで、最高の車になります。

そのため、ヤンキーのような見た目を気にする方に適した車になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。