トヨタ

スライドドアが付いている外車7選!高級感を感じるおしゃれな車を紹介

  • スライドドアがついている外車が欲しい方
  • 高級感を感じる車を探している方
  • 実用性の高い外車が欲しい方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

スライドドアがついている外車は、思ったより展開されていません。

国産車を見ると多数の車種が展開されていますが、外車を見てみると種類が少ないです。

しかし、国産車との差別化されている部分は、デザインのおしゃれさです。

国産車にはないデザイン性と兼ね備えたスライドドア付きの車種が展開されています。

スライドドアタイプになっていることによって、実用性の高さや狭い場所でも便利に使用することができます。

そんなスライドドアタイプの車種を紹介します。

家族持ちの方であれば、スライドドア付きの車種を1台は欲しいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

スライドドアが付いている外車7選!

スライドドアがついている外車を10つ紹介していきます。

  • ベンツ Vクラス
  • ルノー カングー
  • ルノー 1007
  • フォルクスワーゲン トランスポーターT6
  • フォルクスワーゲン シャラン
  • トヨタ(アメリカ) シエナ
  • クライスラー グランドボイジャー

ベンツ Vクラス

Vクラス
車種名 Vクラス
乗車定員 6名〜7名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,905-5,150 mm x 全幅 1,930 mm x 全高 1,930-1,960 mm
燃費 6.83km/L〜
新車価格 7,890,000円〜
5年落ちリセールバリュー 37%

【選定理由】

  • 世界に誇るメルセデス・ベンツの最高級ミニバン
  • ベンツならではの最上級の乗り心地
  • 国産車にはないラグジュアリーなインテリア

特徴

外車のミニバンといえば、メルセデスベンツのVクラスになります。

世界的に有名なミニバンタイプで、エクステリア・インテリア共にラグジュアリーなデザインが特徴的になっています。

ベンツの高級感をミニバンタイプで感じることができるので、運転していてかなり楽しい車種になります。

インパネはもちろんのこと、後席などにもラグアリー感が備わっているので乗っている全員が満足する車になります。

ルノー カングー

カングー
車種名 カングー
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,280 mm x 全幅 1,830 mm x 全高 1,810 mm
燃費 14.7km/L〜
新車価格 2,546,000円〜
5年落ちリセールバリュー 75%

【選定理由】

  • 女性からの人気が高いファミリーカー
  • ルノーならではのレトロなオシャレ感を感じられる
  • 長距離ドライブも楽しくなるフランス車

特徴

続いての車種が、ルノーのカングーになります。

こちらの車種は、誰にでも似合うおしゃれなデザインになっていることから、男性にも女性にも人気のある車種になります。

フランス車独特のデザイン性になっていることで、国産車にはないおしゃれさがあります。

エクステリアだけでなく、インテリアなんかにも拘っているため、満足度はめちゃくちゃ高いです。

しかし、5名乗りの車になっているため、大人数の方であれば上記のVクラスの方が実用性は良いと考えます。

プジョー 1007

1007
車種名 1007
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3730mm × 全幅 1710 mm × 全高 1630mm
燃費 11.88km/L〜
新車価格
5年落ちリセールバリュー 43%〜51%

【選定理由】

  • ツードア式のコンパクトミニバン
  • フランス車のおしゃれな特徴が備わっている
  • インテリアの着せ替えが可能なおしゃれさも兼ね備えている

特徴

続いての車種が、プジョーの1007になります。

こちらの車種は、新車取扱は終了しており、中古車のみの販売になります。

ツードア式のスライドドア式車種になっており、国産車で言えばポルテやスペイドのような車種に似ています。

カングー同様にフランス車ならではの雰囲気になっているため、国産車にはないおしゃれ感を感じられます。

こちらに関してもラグジュアリー感があまりないため、ラグジュアリーな車種に乗りたい方は、Vクラスにした方が良さそうです。

フォルクスワーゲン トランスポーターT6

トランスポーターT6
車種名 トランスポーターT6
乗車定員 9名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4900mm × 全幅 1900 mm × 全高 1900mm
燃費 16.6km/L〜
新車価格 6,627,505円〜
5年落ちリセールバリュー

【選定理由】

  • 国内ではあまり見かけない特別感のあるミニバンタイプ
  • 海外の道路に合わせた特大のボディサイズ
  • 規格外の9名乗りファミリーカー

特徴

続いての車種が、トランスポーターT6になります。

こちらの車種は、逆輸入車になっており国内ではなあまり見かけない車種になります。

フォルクスワーゲンで展開しているミニバンタイプで、アルファードやヴェルファイアのような大型ミニバンになります。

国内で乗っていると、かなり特別感を感じることができる車種になります。

しかし、日本の道路には適していないことから、逆輸入車になったとも言われています。

フォルクスワーゲン シャラン

シャラン
車種名 シャラン
乗車定員 7名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,855 mm x 全幅 1,910 mm x 全高 1,750-1,765 mm
燃費 14.0km/L〜
新車価格 4,259,000円〜
5年落ちリセールバリュー 54%

【選定理由】

  • デザイン性よりも実用性に特化した車種
  • 走行する際の安全装備が充実

特徴

次の車種が、シャランになります。

こちらの車種は、街中でも見かける頻度が多いのではないでしょうか。

全体的に低いコンパクトミニバンタイプになっているので、運転が苦手な女性の方でも簡単に運転することが可能になります。

しかし、高級感はあまり感じることができません。

どちらかというと実用性に特化した車種になるので、高級感を感じたい場合はVクラスにした方が良さそうです。

走行する際の安全装備も充実しているので、実用性はかなり高い車種になります。

トヨタ(アメリカ) シエナ 

シエナ
車種名 シエナ
乗車定員 7名
全長×全幅×全高(mm) 全長5,169mm×全幅1,994mm×全高1,740mm
燃費 8.0km/L〜
新車価格 3,561,000円〜
5年落ちリセールバリュー 60%〜

【選定理由】

  • 日本ではあまりみかけないミニバンカー
  • 室内空間が規格外で、実用性に優れた車種

特徴

続いての車種が、シエナになります。

こちらも逆輸入車の車になります。

街中でも見かけた方がほとんどいないくらいのレアな車種になります。

国産車で言えば、エスティマのような車になります。

車高は低めでありながら、車内の空間は非常に広いデザインになっており、窮屈感を感じることがありません。

しかし、こちらの車種もボディサイズが大きく、日本の道路にはあまり適していないことで、逆輸入車になっています。

クライスラー グランドボイジャー

グランドボイジャー
車種名 グランドボイジャー
乗車定員 7名
全長×全幅×全高(mm) 全長5145×全幅2005×全高1755mm
燃費 6.07km/L〜
新車価格
5年落ちリセールバリュー 40%〜

【選定理由】

  • アメリカならではのワイルドなデザイン性が魅力的
  • 大きなファミリーカーを探している方におすすめ
  • どんな道路でも走行することできる走破性

特徴

続いての車種が、グランドボイジャーになります。

こちらはアメリカの車種になります。

アメリカならではのワイルドなデザインに人気がある車種になります。

アメ車でのスライドドア式の車は少なく、レア感もある車になります。

アメ車ならではの走破性を兼ね備えているため、どんな道でも走り抜いてしまいます。

スライドドアが付いている外車はなぜ少ない?

スライドドアがついている外車は、上記の7車種になります。

国産車と比較するとかなり少ないですが、、なぜそんなに少ないのでしょうか。

スライドドア車種が少ない理由について紹介していきます。

  • 外車では駐車場の広さが規格外
  • ボディの傷をあまり気にしない
  • 海外では貨物車としての認識になっている 

1つずつ解説していきます。

海外では駐車場の広さが規格外

海外では、駐車場の広さが規格外であるため、スライドドア式の車の需要があまりありません。

スライドドア式の車種は、狭いところでも車のドアの開閉が可能というのが大きなメリットになります。

しかし、広大な駐車場がある海外では、車同士の距離もそれなりに取られていることで、スライドドアにする意味がなくなってしまいます。

他にも荷物の出し入れが楽だとか自動開閉することができるといったメリットがありますが、それでもスライドドアの魅力にはあまり惹かれないそうです。

そのため、海外ではスライドドア式の車種はあまり多く展開されていないようです。

どちらかと言えば、大きなワイルド系の車の方が海外の道路には適しているいるようです。

ボディの傷をあまり気にしない

海外では、ボディの傷をあまり気にしないようです。

スライドドア式の車のメリットの1つとして、ドアを開けた際に隣の車に接触しないというメリットがあります。

しかし、海外では広大な駐車場であることから接触しないというのと、接触したとしてもその傷をあまり気にしないようです。

海外の方は、綺麗な状態で車に乗るという認識があまりなく、同等とワイルドに乗る方が多くいるので、全く気にしないようです。

流石に目立つような傷であれば、気にする方も多いですが、ドアバンのような薄傷程度では気にしないようです。

海外では貨物車としての認識になっている 

スライドドア式の車種は、貨物車としての人気式になっているようです。

上記でも少し触れましたが、スライドドアがついた車種のメリットは以下のようなことがあります。

  • 荷物の出し入れが非常に楽
  • どんなに狭い場所でもドアの開閉をすることができる
  • 車内が広いデザインになる
  • ドアを開けた際、隣の車に接触しない
  • 自動開閉をすることができる 

これらのメリットがあります。

これら内容は全て貨物車のメリットでもあります。

どんなに多くの荷物を積んでも、走行することができるので、最大限の荷物を運ぶことができます。

どんなに狭い場所でも多くの荷物を積むことができるので、スライドドア式の車は、実用性に優れた車種です。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。