アウディ

壊れにくい車ランキング8選!故障の少ない長持ちする国産車・外車を紹介

  • 壊れにくい車に乗りたい方
  • 壊れにくい車のメーカーを知りたい方
  • 車が壊れて困っている方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

車というものは、乗り物という機械ではありますが、見方を変えると消耗品になります。

いくら高価なものと言ってもいつかは壊れてしまうものです。

そんな車ですが、壊れる頻度というのは車メーカーによって異なります。

2、3年で故障してしまう車もあれば、10年以上乗り続けることができる車もあります。

自分が好きで買った車なので、乗るならば長く乗りたいという方が多いのではないでしょうか。

今回は、そんな出来るだけ長く乗りたい方必見になります。

故障しにくい車メーカーや車種などを紹介していくのでぜひ参考にしてください。

壊れにくいメーカー

まず初めに壊れにくい自動車メーカーについて紹介していきます。

壊れにくい自動車メーカーは以下のようになります。

  • トヨタ
  • レクサス
  • ダイハツ 

1つずつ解説していきます。

【安心感と質の高さを兼ね備えている】トヨタ

まずは、国内だけでなく海外でも信頼感がめちゃくちゃ高いトヨタになります。

現在では、故障しにくい車であることから『世界のトヨタ』と言われているようです。

国内でのシェア率も非常に高いですが、世界的に見ても販売台数が1、2位を争っている非常に人気な自動車メーカーになります。

それだけ販売されている理由の1つに壊れにくいという特徴があります。

トヨタだけに関わらず、日本車は壊れにくいという印象があるようです。

数多くある日本車メーカーの中でも壊れにくい印象があるのが、トヨタ系列です。

そのため、国内だけでなく海外でも非常に人気があります。

【世界に誇れるブランド】レクサス

続いて故障が少ない自動車メーカーがレクサスになります。

トヨタの高級車ブランドとして、全世界に展開されている自動車メーカーになります。

トヨタの車種以上に高級感がある車種が取り揃えられており、その高級感だけでなく故障率もかなり低いです。

高級感と品質に拘った車作りを意識していることから、非常に故障が少ない車種になります。

高級感があるということで、トヨタの車種よりも少しお高めではありますが、満足感と安心感は非常に高いです。

最近では、安全性能やデザイン性にも力を入れており、今後の成長も期待できる自動車メーカーになります。

【軽自動車の質がかなり高い】ダイハツ 

続いての故障が少ない自動車メーカーがダイハツになります。

ダイハツという自動車メーカーは、トヨタの傘下に入っています。

主に軽自動車を製造しており、国内ではその人気が非常に高いです。

故障率の少なさはもちろんのこと、ユーモアあふれる軽自動車のデザイン性や安全性能はトップクラスになります。

軽自動車専門になるので、シェア率からいうとそんなに高い数値ではありませんが、故障率が低いことから人気があります。

また、トヨタの傘下に入っていることによって、さらに信頼性が上がっています。

壊れにくい車、故障の少ない車8選!

続いて壊れにくい車や故障の少ない車を紹介していきます。

日本車から外車まで、軽自動車からSUVタイプの車種まで国内で乗ることができる車種を対象に紹介します。

  • 【1位】トヨタ プリウス
  • 【2位】トヨタ プリウスPHV
  • 【3位】トヨタ パッソ
  • 【4位】レクサス NX300
  • 【5位】マツダ CX-5
  • 【6位】ダイハツ ムーブキャンパス
  • 【7位】アウディ A5 スポーツバック
  • 【8位】アウディ A4 

【1位】トヨタ プリウス

車種名 プリウス
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,575 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,470 mm
燃費 25.4km/L〜
新車価格 2,597,000円〜
5年落ちリセールバリュー 35%
  • 燃費に重視したハイブリッドカー
  • 国内でもトップの燃費を誇る
  • 故障しにくいかつ低燃費であることで維持費が安い

特徴

世界には様々な自動車メーカーがありますが、トヨタのプリウスが一番故障しにくい車種としてランクインしています。

プリウスの特徴は、燃費の良さです。

とにかく低燃費であることから、維持費が全然かかりません。

走行性について問題ないので、非常に満足度が高い車になります。

低燃費かつ故障しにくいということで、乗っていて非常に楽しい車になります。

【2位】トヨタ プリウスPHV

車種名 プリウスPHV
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,645 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,470 mm
燃費 37.2km/L〜
新車価格 3,383,000円〜
5年落ちリセールバリュー 13%〜20%
  • 電気とガソリンを兼ね備えた画期的な車種
  • 電気とガソリンの両立で維持費が安い

特徴

こちらも分類としては、プリウスになりますがPHVモデルになります。

プリウスPHVの特徴としては、ガソリンと電気の両立になります。

電気とガソリンの両立をすることによって、長距離の運転も余裕ですることができます。

電気単体になると、いつ走らなくなるのかという不安感でいっぱいになります。

しかし、ガソリン車もあるので電気がなくなればガソリンで走行することが可能になります。

【3位】トヨタ パッソ

車種名 パッソ
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,650-3,680 mm x 全幅 1,665 mm x 全高 1,525 mm
燃費 16.42km/L〜
新車価格 1,265,000円〜
1年落ちリセールバリュー 53%
  • コンパクトファミリーカーとしても活躍する
  • トヨタの故障しにくいパーツで作られている
  • 10年以上乗り続けることが可能

特徴

続いて故障しにくい車種が、パッソになります。

あまり目立った特徴はないですが、故障しにくいということでかなりコスパの良い車種になります。

また、コンパクトファミリーカーとしても展開されています。

室内などの実用性が非常に良いので、子持ちの方からすると嬉しい車種になります。

子育て中の方でしたら、一度は検討した方が良い車種になります。

【4位】レクサス NX300

車種名 NX300
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4640 mm x 全幅1845 mm x 全高1645 mm
燃費 8.7km/L〜
新車価格 4,546,000円〜
5年落ちリセールバリュー 31%〜46%
  • レクサスの中で圧倒的に故障が少ない車種
  • レクサスSUVの中で1、2位を争う人気
  • 燃費もそこそこなので、維持しやすい

特徴

続いて故障しにくい車種は、高級ブランドであるレクサスのNX300になります。

レクサスは冒頭の部分でも紹介したように高級ブランドとして、世界に展開されています。

そんなレクサスの中でも故障しにくいのが、NX300です。

レクサスの中でも1、2位を争う人気度を誇っているので、非常に乗っていて楽しい車種になります。

高級感あふれるレクサスで故障しにくい車に乗れるのは、非常に嬉しいですね。

【5位】マツダ CX-5

車種名 CX-5
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,545 mm x 全幅 1,840 mm x 全高 1,690 mm
燃費 9.6km/L〜
新車価格 2,678,000円〜
5年落ちリセールバリュー 28%〜40%
  • 国産車のSUVの中でも人気のある車種
  • ディーゼルとガソリン車を展開している
  • 故障しにくいことで若い世代に人気がある

特徴

次の故障しにくい車種が、マツダのCX-5になります。

こちらの車種は、ガソリン車以外にもディーゼル車モデルも展開されています。

国産車のSUVの中でも人気度は上位にランクインしています。

マツダ特有のエクステリアのデザイン性に定評があります。

また、インテリアのデザイン性も高級感があるので、非常にかっこいい車になります。

【6位】ダイハツ ムーブキャンパス

車種名 ムーブキャンパス
乗車定員 4名
全長×全幅×全高(mm) 全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,655 mm
燃費 17.32km/L〜
新車価格 1,430,000円〜
3年落ちリセールバリュー 60%〜69%
  • 軽自動車の中で一番故障しにくい車種
  • スーパー軽ハイトワゴンのためファミリーカーとしても使用可能

特徴

続いての車種は、軽自動車の車種になります。

ダイハツのムーブキャンパスが、故障しにくい軽自動車としてランクインしています。

軽自動車は、コスパが良いですがどうしても故障しやすいというのがネックな部分になります。

しかし、ムーブキャンパスは過去の故障事例があまり多くないので、信頼性が高い軽自動車です。

また、スーパー軽ハイトワゴンということで、室内の実用性もめちゃくちゃ高いです。

【7位】アウディ A5 スポーツバック

車種名 A5 スポーツバック
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長4750×全幅1845×全高1390mm
燃費 9.41km/L〜
新車価格 6,160,000円〜
5年落ちリセールバリュー 35%
  • 故障しやすい外車の中でも故障率が低い車種
  • 故障しにくいが、故障した際の修理代は高い

特徴

続いては、世界の高級自動車メーカーでもあるアウディのA5になります。

新車価格が、600万円越えという高級車の部類になってきますが、故障率が非常に低いです。

価格が高い車は、故障しやすいという印象がありがちですが、アウディのA5は違います。

外車の中では圧倒的に故障率が低いので、安心して乗り続けることができます。

しかし、故障した際の修理代は国産車に比べて高くなるので、注意する必要があります。

【8位】アウディ A4 

車種名 A4
乗車定員 5名
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,760-4,770 mm x 全幅 1,845 mm x 全高 1,410 mm
燃費 10.47km/L〜
新車価格 4,550,000円〜
5年落ちリセールバリュー 35%
  • 上記の車種に続いてセダン系の車種
  • アウディの中では故障率が非常に低い
  • こちらも故障した際の修理代が高い

特徴

続いても外車のアウディのセダン系であるA4になります。

上記に引き続きセダン系ではありますが、故障率が外車の中では非常に低いです。

上記のA5に比べると、新車価格は安くなるので購入しやすい価格帯になります。

しかし、価格が安いとは言っても修理代は同じように高い費用になるので、故障しないようにしっかりメンテナンスする必要があります。

他のメルセデス・ベンツやBMWなどの自動車メーカーと比べると圧倒的に低い故障率になります。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/


  • 有名な査定会社が加入するJADRIが運営している。
  • 買取業界最大の査定会社数を誇る。
  • 厳選された優良買取会社の70社以上が査定を行う。
  • しつこい電話がない。

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。