トヨタ

大人2人・子供3人におすすめな自動車5選!失敗しない選び方も紹介

  • ファミリーカーとしてどの車を購入しようか悩んでいる方
  • 子供でも乗りやすい車を知りたい方
  • 子供が乗る際の車選びをしている方 

今回は、このような方にとっての記事になります。

子供が増えてくると、どうしても大きいサイズの車が必須になってきます。

車内の空間が広いことによって、家族全員で旅行に行けたり遠出などもすることができます。

子供が3人になってしまうと、家族全員で5人になるのでどうしても軽自動車では遠出することができません。

子供が3人いる際の車選びは非常に大変です。

子供の乗り心地も考えつつ、価格帯などとも相談する必要があります。

また、子供が乗る際に装備されてた方が良いスペックもあります。

そのような部分を車の購入前に把握することによって、より良いカーライフを過ごすことができますし、子供とのコミュニケーションもとることができます。

自分に合ったファミリーカーを購入し、家族全員の仲を深めることも重要です。

子供が乗る際の車選びで失敗しないコツ

まず初めに子供が乗る際の車選びで失敗しないコツを紹介していきます。

  • 子供が乗っても余裕が生まれる空間
  • 子供だけでなく荷物も積載できる車 

これらの2点になります。

1つずつ紹介していきます。

子供が乗っても余裕が生まれる空間

子供が3人乗るということは、それなりに余裕が生まれる空間が必要になります。

極端なことを言うと、子供が3人いてもファミリーカーではなく、SUVなどでも遠出することは可能です。

SUVは5人乗りになるので、ぴったり乗ることができます。

しかし、乗れたとしても余裕な空間は全然ありません。

5人全員が乗ってしまうと、非常に窮屈な空間になってしまいます。

荷物を積むスペースさえも無くなってしまうので、SUVのような車はNGとなってしまいます。

ミニバンのような車であれば、5人乗ったとしても3列目に荷物を置くスペースがありますし、子供にとっても動きやすい室内になります。

ミニバンとSUVの違い点として、余裕が生まれる空間という部分があるので、ファミリーかを選択する際は大事なポイントになってきます。

子供だけでなく荷物も積載できる

上記でも少し触れましたが、子供だけでなく荷物も積載できることが重要になってきます。

人が5人乗るとなると。それぞれの荷物を載せなければいけません。

荷物が乗る空間がないとすると、遠出や旅行に行くことすらできなくなってしまいます。

近い場所であれば、荷物も多くならないので問題ないのですが、遠出になると自然と荷物が多くなってしまいます。

どんなに多くなってものせることができるファミリーカーであれば、どこに行っても楽しむことができます。

たくさんの荷物を載せたことで、室内の空間が窮屈になってしまうということも避けたいので、購入前にしっかりチェックし、イメージすることが大切になります。

子供が乗る際に車についていた方が良い機能

子供が乗る際に車についていた方が良いスペックもあります。

  • チャイルドシート
  • 後席のスライドドア
  • フリップダウンモニター
  • ゴミ箱 

チャイルドシート

子供を乗せる際にチャイルドシートは必須になってきます。

現代では、チャイルドシートの着用は必須になっています。

【道路交通法第71条の3第3項】

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。                               警視庁HPより

このようにチャイルドシートの着用が義務付けられています。

チャイルドシートは、子供の命を救ってくれます。

検証の結果でも明らかになっており、チャイルドシートの有無で明らかな差が生まれています。

圧倒的にチャイルドシートを着用した方が、命が助かっているケースがあるので絶対に着用するようにしましょう。

車選びをする際は、チャイルドシートがしっかり乗るかどうかも事前にチェックするようにしましょう。

スライドドア

次にスライドドアも重要な部分になってきます。

子持ちの主婦の方などは、非常に多くの荷物を持つ機会が多くなります。

そのような場合にスライドドアになると、荷物の出し入れや子供の乗り降りがかなり楽になります。

引き戸タイプになってしまうと、隣の車にドアがぶつかってしまったり、大きな荷物が乗せることができない場合があります。

また、子供をチャイルドシートに乗せる際も非常に大変になってきます。

そのような場合に非常に楽なのがスライドドアになるので、チェックするようにしましょう。

フリップダウンモニター

フリップダウンモニターは子供にとっては非常に嬉しい装備になります。

遠出や旅行に行く道中、子供は車の中にいる時、退屈になってしまいます。

退屈にならない対策として、ゲームや携帯などの策がありますが、そのうちの1つとしてフリップダウンモニターになります。

こちらは後席でも 上からモニターが降りてくるモニターになるので、後席の方がテレビ鑑賞を楽しむことができます。

テレビだけでなく、DVDなども映すことができるので非常に嬉しい装備になります。

このような装備があることによって、子供が退屈になっても好きなDVDを流すだけで退屈な時間がなくなるので、かなり便利な装備になります。

ゴミ箱

忘れがちな方も多いと思いますが、ゴミ箱は必須のアイテムになります。

機能ではありませんが、ゴミ箱は室内にあれば非常に便利になります。

子供に限らず車内にゴミ箱があることによって、どのような場合でも対処することができるので、置いてて損はありません。

大人2人・子供3人におすすめな自動車4選!

子供が3人いる家族におすすめするファミリーカーを紹介していきます。

車両本体価格や維持費、乗り心地などを踏まえた上で4車種を紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

  • ホンダ フリード
  • トヨタ シエンタ
  • 日産 セレナ
  • ホンダ ステップワゴン 

ホンダ フリード

メーカー ホンダ
車種名 フリード
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,265 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,735 mm
燃費 14.1km/L〜
新車価格 1,998,000円〜

ホンダで展開しているコンパクトミニバンになります。

ミニバンほど室内の空間は広くありませんが、ミニバンとしては非常に便利な車になります。

後席は、スライドドア仕様になっており、子供がたくさんいても乗り降り楽ちんなデザインになっています。

ボディサイズがミニバンほど大きくないことから、運転が苦手な主婦でもファミリーカーとして運転することができます。

ガリバーフリマでホンダ フリードを見てみる

ズバット車販売でホンダ フリードを見てみる

トヨタ シエンタ

メーカー トヨタ
車種名 シエンタ
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,260 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,695 mm
燃費 10.8km/L〜
新車価格 1,818,000円〜

続いて、トヨタのシエンタになります。

車の形としては、上記のフリードとほとんど同じデザインになっています。

内装のデザインもそんなに違いがないので、外装のデザインの好みで選択するようにしましょう。

また、ディーラーの近さなどもポイントとなってくるので、自分に合った車種を選択するようにしましょう。

ガリバーフリマでトヨタ シエンタを見てみる

ズバット車販売でトヨタ シエンタを見てみる

日産 セレナ

メーカー 日産
車種名 セレナ
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,770 mm x 全幅 1,740 mm x 全高 1,875 mm
燃費 16.53km/L〜
新車価格 2,444,000円〜

続いてミニバンサイズから、日産のセレナがランクインしています。

こちらの車種は、ミニバンの中でも非常に人気のある車種になります。

その理由としては、実用性と維持費の少なさになります。

車内の広さについては、問題ありません。

子供が3人乗っても余裕のある空間になっています。

また、後席にはオプションでフリップダウンモニターを装着できるので、子供にとっては嬉しい車になります。

維持費についても燃費が16.53km/L〜と非常に高い数値になるので、維持するのも苦にはなりません。

ガリバーフリマで日産 セレナを見てみる

ズバット車販売で日産 セレナを見てみる

ホンダ ステップワゴン 

メーカー ホンダ
車種名 ステップワゴン
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,690 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,855 mm
燃費 15.0km/L〜
新車価格 2,715,000円〜

続いての車種がホンダのステップワゴンになります。

こちらも現代ではミニバンの中で人気の車種になります。

車両本体価格以上のスペックが備わっており、どん家族でも納得することができる車種です。

どのミニバンを購入しようか悩んでいる方は、まずステップワゴンを購入しとけば後悔することはありません。

ガリバーフリマでホンダ ステップワゴンを見てみる

ズバット車販売でホンダ ステップワゴンを見てみる

ミニバン以外の大人2人・子供3人におすすめな自動車

  • 「ミニバン以外のファミリーカーを購入したい!!」
  • 「ミニバンはあまり乗りたくないけど、ファミリーカーがほしい。」
  • 「SUVをファミリーカーにしたい!!」

このような考えを持っている方がいるのではないでしょうか。

家族で出かけられる車は欲しいけど、ミニバンは購入したくないという方はたくさんいます。

そのような方におすすめする車種を紹介していきます。

今の時代では、ミニバンだけがファミリーカーではなく、SUVの大きな車でも十分ファミリーカーの役割を果たしてくれます。

もしかしたら、ミニバン以上のスペックも持っている車種もある可能性があるので、しっかりチェックする必要があります。

日産 エクストレイル20i

まず1台目が日産のエクストレイルになります。

メーカー 日産
車種名 エクストレイル
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,690 mm x 全幅 1,820 mm x 全高 1,740 mm
燃費 10.8km/L〜
新車価格 2,483,000円〜

日産のエクストレイルでは、3列シートで展開されている車種があります。

エクストレイルは、SUVの中でもボディサイズ的に大型のSUVになります。

3列シートにしても後席に座ることができるスペースが生まれるので、ファミリーカーとしても活用することができます。

また、山道などを走行する際も4WDの強みを生かすことができるので、ストレスのない走行をすることができます。

マツダ CX-8

次におすすめする車種がマツダのCX-8になります。

メーカー マツダ
車種名 CX-8
全長×全幅×全高(mm) 全長 4,900 mm x 全幅 1,840 mm x 全高 1,730 mm
燃費 13.47km/L〜
新車価格 2,994,000円〜

こちらも3列シートになっており、後席には非常に余裕のある空間があります。

上記のエクストレイルと差別化している部分が、維持費の面になります。

CX-8では、ディーゼルモデルも展開しています。

そのため、ガソリン代が全然かかりません。

ディーゼル車のミニバンは他にはないので、その面ではCX-8はミニバン代わりの車としておすすめする車種になります。

エクステリアのデザインなんかも万人受けするデザインなので、誰にでも似合うデザインになっています。

賢く車を買い替える方法

初めに愛車の買取査定額を事前に調べておく

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

ディーラーより中古買取専門業者の方が知見が深く専門業者なので、より適正な価格を出してもらえます。そしてその金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

無料で自分の愛車の相場が知りたい方はこちら

上記URLから申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

\無料【40秒で申し込み】/

ねもなおが使っている一括査定.com

公式サイト:https://ikkatsu-satei.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。