日産

【画像あり】日産リーフの車検(3年目)でかかった費用は63,600円!内訳・理由を紹介

  • これからリーフを購入しようか考えている方
  • 電気自動車の車検代を知りたい方
  • これからリーフの車検をする方

今回は、このような方にとっての記事になります。

日産で展開している電気自動車リーフは、現代非常に人気のある車種になっています。

電気自動車ということで、電気だけで走行するのでガソリン車と比較して維持費が非常に安いです。

現在では、月に2,000円を支払えば何回でも充電をすることが可能なので、圧倒的に安い燃料費になります。

そんな電気自動車ですが、車検代は一体いくらになるのでしょうか。

バッテリーなどの関係の車検代が高いという印象がある方が多いと思います。

しかし、そんなことはありません。

電気自動車といえど、他の車種と比較するとあまり変わらず、むしろ安いくらいになっているので、ぜひ参考にしてください。

車の下取りの際には必ず一括査定サイトを使い査定額の相場を把握しておきましょう!

ディーラーでの下取りの際に、足元を見られないための交渉材料として把握しておくためです。

また、ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

希望する中古車の条件を記入し、一度担当者と電話をしたら待つだけ。

直接店に赴く必要はなく、電話も短いので長話に付き合う心配もありません。

休日はもちろん、平日仕事終わりでも対応可能です。

\無料【1分で登録】/

楽天一括査定で売却※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

リーフの車検にかかった費用

それでは早速リーフにかかった車検代について紹介していきます。

非常に高いイメージがある日産リーフの電気自動車ですが、そんなことはありません。

むしろ他の普通車よりも安い、軽自動車と同じくらいの車検代になっています。

そんな非常に維持しやすいリーフですが、一体車検代はいくらになっているのでしょうか。

リーフの車検代は63,600円

こちらが日産リーフの車検代になります。

車検代は、63,600円になります。

こんな安価で車検を行うことができるので、非常に財布に優しい価格になっています。

普通車のディーラー車検ですと、当たり前に10万円は超えてくるような価格になっていますが、日産のリーフは普通車でありますが、ディーラー車検でもこんな価格になっています。

月の燃料代も2,000円ですし、車検代も63.600円、定期点検も行ってくれるということで、維持費に関してはあまりかからず維持しやすい車になっています。

リーフの車検にかかった費用の項目と理由

こちらが日産リーフの車検にかかった明細表になります。

車検代にかかった費用と、なぜそこにお金がかかるのか紹介していきます。

  • 足回り洗浄料
  • エンジンルームクリーナー
  • 下回り錆止め塗装料
  • トウメイコート
  • ブレーキ フルード
  • クリーンフィルター
  • 撥水ワイパー

足回り洗浄料

足回り洗浄料に3,080円かかります。

こちらは、名称の通り足回りの洗浄になります。

足回りのメンテナンスは非常に重要で、しっかりメンテナンスしないと長い間車に乗り続けることができません。

車検のタイミングでしっかり洗浄してもらうようにしましょう。

エンジンルームクリーナー

続いてエンジンルームクリーナーで1,100円になります。

こちらでは、エンジン外部に付着した汚れを落とすための費用になります。

業務用のエンジンルームクリーナーを使用するので、クリーナーの費用分になります。

エンジンルームの清掃は非常に重要です。

この部品の状態を見ることによって、車の状態を確認することが可能になるので、徹底的に綺麗にする必要があります。

下回り錆止め塗装料

下回りの錆止め塗装料で6,050円になります。

こちらの費用は、名称の通り下回りの錆を発生させないためのメンテナンスになります。

下回りの部品は、一度錆びでしまうとその状態は、他の部品にも影響してきます。

最悪の場合、車の走行にも影響しかねないので、しっかりメンテナンスする必要があります。

トウメイコート

続いてトウメイコートで3,575円かかっています。

こちらは、日産で行っているボディコートになります。

こちらのを行うことによって、車全体の見栄えが一気に変化します。

車検の内容にこのようなメンテナンスが入ってくるのは非常に嬉しいサービスになります。

ブレーキ フルード

続いてブレーキ フルードになります。

こちらの費用については、全部で4,070円になります。

ブレーキ関係のメンテナンスも非常に重要になります。

部品の効果やブレーキ回りの整備を行ってくれます。

クリーンフィルター

次にクリーンフィルターで880円かかってきます。

こちらは割引が効いている部品になります。

割引については、全ての車種で行われるのではないので、担当の方と交渉する必要があります。

クリーンフィルターとは、車外から取り込んだ空気だけでなく、車内の空気に含まれるゴミや花粉なども除去してしています。

フィルターが汚れたり、目詰まりしたりすると機能が低下し、車内環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

こちらの部品の交換も非常に重要になってきます。

撥水ワイパー

最後に撥水ワイパーの交換になります。

こちらでは1,826円かかります。

こちらは誰もが知っているワイパーの交換になります。

ワイパーは定期的に交換されるので、雨の日でも全然問題ないでしょう。

リーフの車検の費用に最低限必要な価格は約70,000円

今回のリーフ車検代は、63,600円でしたが、最低限必要な車検代は一体いくらになるのでしょうか。

その最低限の費用は、約70,000円になります。

必要最低限70,000円あれば車検を行っても、お釣りが来る程度になります。

しかしこれは必要最低限になります。

もちろん故障している部分や交換部品が増えれば費用も高くなってきます。

これについては、他の車種でも同じことが言えます。

しかし、ここで注意してもらいたいのが、電気自動車ならではのバッテリー交換です。

電気自動車のバッテリーは、年々劣化してくるので、充電完了時の走行距離がどんどん短くなってくる。
走行可能距離の低下にも繋がる。
そのため、バッテリーが弱くなってきたらバッテリー交換代がかかってきます。 

他の車種との違う部分がバッテリー代になります。

車検とは別にバッテリー交換代で約80万円

電気自動車には、バッテリー交換代がかかってきます。

購入して2回くらいの車検までであれば、バッテリーの交換は発生しないでしょう。

しかし、6年目以降になってくるとバッテリーの交換も車検とは別にかかってきます。

バッテリー代というのが約80万円になるので、非常に費用がかかります。

車検代については問題ありませんが、バッテリー交換にかなり費用がかかるので、バッテリー交換の前に乗り換える方が多くいます。

バッテリーが弱くなることを考えた上で、電気自動車を維持していく必要があります。

代車は新型デイズ

今回日産リーフを車検に出しましたが、約2日間かかりました。

その間台車として渡されたのが、新型デイズです。

初めてこちらの車種に乗りましたが、印象としてはめちゃくちゃパフォーマンスが良い車でした。

このような形の車ですと、コンパクトで車内が狭い印象があります。

しかし助手席に乗ってみると、足元の広さに感激です。

また、後部座席についても足元・頭上のスペースが非常に広いです。

ある程度高さのある荷物でしたら余裕で積載可能の車になってした。

それに加えて走行性につきましても、問題なく加速性も非常に良い印象です。

走行性と実用性・安全性を兼ね備えた車で、誰にでもおすすめしたい軽自動車でした。

おすすめの車検サービス

ホリデー車検 

  • 業界初の対話型の立会い車検を実施。
  • オーナーが不要だと思う部品交換や作業をカット。
  • 納得する明瞭会計を実現。
  • 業界1の低コスト。

【楽天車検】


  • ネット予約&車検実施で2,500ポイントがもらえる
  • 無料事前見積もりで費用がわかる。
  • 自宅近くのディーラーが探せる。
  • ガソリン割引などの特典あり。

EPARK車検

  • 全国1922店舗、掲載店舗数NO.1 (2016年2月5日現在)
  • 整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!クーポンなどの特典も満載!
  • 整備付き車検のみを提供、どの店舗も国家資格整備士常駐
ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。