車のお役立ち情報

【実体験あり】手取り20万で車を持てている人の生活を紹介

  • 手取り20万円で車所有者の生活が気になる
  • 手取り20万円で車が欲しい
  • 手取り20万円で乗れる車を知りたい 

今回はこのような方にとっての記事になります。

【結論】手取り20万で車を持つのは余裕

手取り20万円で車を持つのは十分に可能です。

一見20万円だと車を維持できないように見えますが、実際に手取り18万円の方でも全然余裕で維持できています。

20万円全て使い切るのではなく、貯金にもしっかり回すくらい余裕があります。

しかし、誰でも維持できるわけではありません。

維持するにはお金の使い方やどのような車に乗ればいいのかなど、コツはたくさんあります。

手取り20万の生活(一人暮らし・結婚)

手取り20万円の方が車を所有すると、どのような生活になるのか紹介していきます。

今回は、場面を2つに分け『一人暮らし・結婚生活』で紹介していきます。

それぞれの生活でお金の使い方や車の位置付けなどは異なるので、参考程度にしてください。

一人暮らし

結婚生活と比べると、比較的金銭面に余裕が生まれます。

そのため、車にかけられるお金も多いため満足のいく車に乗ることができます。

【手取り20万円の内訳】

  • 家賃:42,000円
  • 光熱費:10,000円
  • 食費:15,000円
  • 携帯代:11,000円
  • 保険代:5,000円
  • 自動車保険:15,000円
  • 貯金:20,000円
  • お小遣い:50,000円
  • 余り:32,000円

上記が一人暮らしの手取り20万円の方の内訳になります。

上記はあくまで例になりますが、余りに32,000円残るようになっています。

この金額を全て自動車購入のため貯金や自動車ローンに当てれば、車を所有することは十分に可能です。

むしろ自分が納得いく車に乗ることができます。

地域によっては、家賃も高くなってくるので家賃によっては、金額に変動がある可能性も非常に多いです。

結婚生活

上記で一人暮らしの生活例を紹介しましたが、金銭面になると結婚生活の方が少し厳しくなってきます。

【手取り20万円の内訳】

  • 家ローン:51,000円
  • 光熱費:15,000円
  • 食費:20,000円
  • 携帯代:11,000円
  • 保険代:5,000円
  • 自動車保険:15,000円
  • 貯金:30,000円
  • お小遣い:50,000円
  • 余り:3,000円

見てもらうとわかる通り、余りが3,000円しかありません。

結婚生活にもなると、家のローンなんかもありますし、光熱費もアパートと比べてかなりかかってくるようになります。

また貯金額なんかも家のことを考えながら貯金するため、額を大きくして貯金する必要があります。

そうすると余りが3,000円なので、自分の満足する車を購入するためにはお小遣いを少し減らすようになります。

お小遣いから車の頭金貯金をすることによって、納得いく車を購入することができます。

手取り20万の人が乗る車の相場

年収以下の価格の車を購入するのが望ましい

手取り20万円の方が乗る車の相場を紹介していきます。

基本的に基準となるのが、年収以下の価格の車を購入するのが理想となっています。

手取り20万円の方は月収約250,000円になります。

ボーナスが年に4ヶ月出ると仮定した時、年収約4,000,000円になります。

そうなると、4,000,000円以下の価格の車が理想となります。

あくまで基準なので、車にお金を使っても苦じゃないという方であればもう少し高い車を購入しても十分に維持することができます。

車以外の私生活も充実させたいという方は、年収の金額を基準とした方が良さそうです。

手取り20万の人の車の維持費

車を購入する際は初期費用もかかりますが、乗り続ける維持費もかかってきます。

基本的にかかってくる維持費は以下のようになってきます。

  • 自動車税(種別割)(年1回)
  • 重量税(車検ごと)
  • 自賠責保険(概ね車検ごと)
  • 自動車任意保険
  • 法定点検代
  • 車検代
  • 駐車場代
  • 燃料代
  • 整備費

上記のような金額がかかってきます。

聞いたことがない費用もあるので、1つずつ紹介していきます。

自動車税(年1回)

自動車税は、用途や総排気量により税額が決まります。自家用乗用車の場合、総排気量1リットル以下で25,000円、1リットル超からは0.5リットル刻みで税額が上がり、6リットル超の110,000円まで設定されています。

税額は、下の表の通りです。

用途 総排気量 税額
自家用乗用車(普通車) 1リットル以下 29,500円
1リットル超〜1.5リットル以下 34,500円
1.5リットル超〜2リットル以下 39,500円
2リットル超〜2.5リットル以下 45,000円
2.5リットル超〜3リットル以下 51,000円
3リットル超〜3.5リットル以下 58,000円
3.5リットル超〜4リットル以下 66,500円
4リットル超〜4.5リットル以下 76,500円
4.5リットル超〜6リットル以下 88,000円
6リットル以上 111,000円
自家用乗用車(軽自動車) 一律 10,800円

重量税

自動車の重量税は新規登録の際や車検の際に自動車の重量に対して支払う税金です。

自賠責保険

自賠責保険とは自動車損害賠償保障法によって、すべての車の所有者に加入が義務付けられている損害保険です。

自動車任意保険

任意保険は必ずしも加入する必要はなく、加入していないからといって運転ができなくなるようなこともありません。
つまり、自賠責保険は義務なのに対して、任意保険は自由ということです。

法定点検代

車の法定点検とは、点検整備の中でも法律で『自動車の使用者は一定間隔で行わなければならない』と義務付けされているものです。

車検代

自動車やバイクが道路を安全に走ることのできるコンディションなのか、一定期間ごとに国が検査するのにかかる費用。

駐車場代

言葉の通り駐車場代を指します。
地域によっては、この費用はかからない場合もあります。

燃料代

燃料代とは、車を動かすのに欠かせないものになります。
近年では電気自動車なんかも普及してきていますが、主にガソリン車は燃料代がかかります。

整備費

ここで紹介している整備代は、エンジンオイルやタイヤ交換を指します。
車はあくまで消耗品なので、どんどん劣化していきます。劣化を抑えるためにもしっかりメンテナンスをする必要があります。

手取り20万なのに高い車に乗れている人の特徴

「手取り20万円なのになぜ高い車に乗れているのか??」

他の方を見た時にこのような疑問を持ったことはあるのではないでしょうか。

このような方々は以下のような特徴があります。

  • 車がとにかく好き
  • 私生活で節約し、無駄使いをしない
  • 車を高額で売却している

1つずつ紹介していきます。

車がとにかく好き

とにかく車が好きという方は、自分の好きな高い車に乗っている傾向があります。

趣味が車という方は、車を自分が満足する形にするまで拘ります。

逆を言えば、車にしかお金を使わないようになります。

  • 「あの車が欲しいから貯金する。」
  • 「車をカスタムするのにお金を使う」

このような考えで、私生活を過ごしているので高い車に乗れています。

現代では若者の車離れも懸念されている中で、若い方々が高い車を乗っているのはかなり珍しくなってきてしまいましたが、たまに若い方が高い車に乗っていると非常にテンションが上がります。

私生活で節約し、無駄使いをしない

私生活では無駄遣いをしないで、車のために節約している特徴があります。

車を購入する際は、頭金や一括購入のためのお金を準備するのが基本的な購入の仕方になります。

高所得の方であれば、頭金を貯める必要もなく一括購入で車を購入できますが、基本的には頭金を出して、残りをローンにするという方法が一般的です。

高い車に乗りたいと考えている方は、購入するのにどのくらいのお金が必要になるのかを計算しています。

そのため、私生活に支障が出る可能性がありますが、それでも乗りたい車に乗るために節約をしている傾向があります。

これも車好きならではの行動です。

車を高額で売却している

高い車を乗る1つのポイントになるのが、車を高額で売却しているということです。

手取りが20万円でも車を楽しんでいる人はネットでの愛車の無料下取り見積もりをうまく活用し、次の車の購入資金を確保している傾向があります。

所有している車をできるだけ高く売却することによって、自身で支払う頭金を抑えつつ自分の好きな車に乗ることができているのです。

ここで所有している車を高く売却する方法ですが、すぐディーラーに下取り依頼をしてしまうのはNGです。

ディーラーの下取り額は、基本よりも安くなってしまうのがほとんどです。

本来ならもっと高い下取り額になってもいいものが、想定よりも低い下取り額になってしまうのは非常に勿体無いです。

愛車を高額で売却する方法

試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」や「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」などゴリ押しされて、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困ると思います。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として把握しておくのがおすすめです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

買取店よりそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。

>>楽天で無料出張査定をしてみる<<

現在乗っている車をできるだけ高い価格で売却することによって、次に乗る車も満足する車に乗ることができます。

しかし、ディーラーなどで査定をしてもらうと平均的な価格よりも安く査定を行ってしまう可能性が非常に高いです。

さらに故障歴・修理歴についても調べられるため、その分査定額が低下してしまいます。

そこで利用するのが楽天の一括査定です。

査定は完全無料になっており、今ならご成約すると楽天ポイントが査定金額の5倍と一般ディーラーでは考えられないサービスがたくさん展開されています。

>>楽天で無料出張査定をしてみる<<

上記のURLから今すぐ査定を依頼するで申し込みをし

「今すぐ査定を依頼したい。」

と伝えていだたければOKです。

平日の仕事終わりでもネットで査定を申し込めば対応してもらえます。

満足した査定額が提示されれば売却すればOKですし、一般ディーラーの方がお得と感じた方はそちらで売却しても良いです。

車の査定額というのは、時間が経過するとともにどんどん値落ちしていくものなので、早めに査定・売却することをオススメします。

\1分で登録完了【無料】/

楽天一括査定で売却※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。