車のお役立ち情報

10万キロを超えた車は購入しても良い?見分けるポイントを紹介

  • 10万キロを超えた車を購入しようとしている
  • 走行距離が多い車に不安がある
  • 10万キロ超えているがまだ乗ろうとしている 

今回はこのような方にとっての記事になります。

中古車を購入する際必ずチェックするポイントが総走行距離です。

購入後の車の故障や寿命にも関わってくる総走行距離ですが、どのくらいの数値が目安になるのでしょうか??

その目安は満場一致で言うのが10万キロと言われています。

10万キロを超えた車は中古車として少ないですが、レトロな車だと当たり前に10万キロを超えている車が多いです。

「果たして10万キロ超えた車は購入しても大丈夫なのでしょうか??」

今回は、10万キロの車に対しての見分け方・ポイントなどを紹介していきます。

 

車の下取りの際には必ず一括査定サイトを使い査定額の相場を把握しておきましょう!

ディーラーでの下取りの際に、足元を見られないための交渉材料として把握しておくためです。

また、ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

休日はもちろん、平日仕事終わりでも対応可能です

\無料【1分で登録】/

楽天一括査定で売却※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。  

10万キロを超えた車の世間的な意見

まず初めに10万キロを超えた車の世間的な意見を紹介していきます。

  • 10年乗って10万キロ超えた車は下取り額0円?
  • すぐに故障する可能性がある?
  • 購入しても損する 

このような意見があります。

1つずつ紹介していきます。

10年乗って10万キロ超えた車は下取り額0円

10年乗って10万キロ超えた車は下取り額が下がる傾向があります。

しかし、下取り額0円になることはありません。

10万キロ超えた車というのは、そのまま中古車として販売するよりかは一度自動車を解体し、それぞれの部品を売るという仕組みになります。

部品売り方として、国内だけでなく海外にまで売っている方もいそうです。

もちろん絶対というわけではありませんが、とにかく動く限りは0円で下取りするということはありません。

もしも査定で0円という数値がでたら、複数の店舗で査定した方がよりお得に売ることができます。

すぐに故障する可能性がある

10万キロの走行距離になっている中古車を購入すると故障する確率は高いと思われます。

乗られている間、しっかりメンテナンスされていたとしても絶対に故障しないというのはありません。

やはり10万キロ走っている車は、中の部品もそうですが、外装の耐久性も低くなっています。

塗装の剥がれやヘットライトの黄ばみなど気になる点が複数ある可能性があります。

購入する際は、部品はもちろん外装の状態もチェックしましょう。

購入しても損する

『購入しても損する』

という印象も多くの方が持っているそうですが、それは全くありません。

自分が満足した中古車を購入しているので、それが10万キロ走っていても絶対に満足します。

中古車を購入して損するということは、ぼったくられない限りは大丈夫です。

しかし、故障する可能性は若干高くなると思いますので、維持費は事前に準備しておく必要はあります。

買っても良い10万キロを超えた車の見分けるポイント

10万キロを超えた車でもポイントさえ抑えれば安心・安全に乗ることができます。

そのような車を見分けるポイントについて紹介していきます。

  • オイルの点検
  • エアコンの臭い
  • 定期点検の履歴
  • 各部品の状態 

1つずつ紹介していきます

オイルの点検

主にエンジンオイルや油脂類の交換がされているかをまずはチェックしましょう。

車に使用されている油脂類の働きとしては、車の走行を制御する働きがあります。

エンジンオイルをしっかり交換していないと、道中でいきなり停止したり、思いも寄らない方向に進んでしまう可能性があります。

自分も大変な目に合いますし、周りにもすごく迷惑をかけます。

そんなことにならないためにも購入前にエンジンオイルのような油脂類は定期的に交換されているかしっかり確認しましょう。

エアコンの臭い

エンジンをかけてみないとわからないエアコンの臭いも確認する必要があります。

一見見逃しそうなエアコンの臭いですが、非常に重要な部分になります。

エアコンの匂いによって、車の乗り心地が違くなってきます。

エアコンの匂いが臭い場合は、空調の内部にカビや結露が発生している恐れがあります。

そうなるとエアコンフィルターを交換するだけでは、臭い取り除くことができないので、金銭的にも厳しい部分があります。

購入する前にエンジンをつけて、エアコンの動作確認を行うようにしましょう。

定期点検の履歴

必ず定期点検記録簿を確認するようにしましょう。

定期点検記録簿には、車の過去の修復履歴が載っています。

修復の有無だけでなく

「車のどの箇所を修復したのか」「いつその部分を修復したのか」

この部分が非常に重要になってきます。

過去の修復履歴を見ることによって、車の特徴だったり、どこが壊れやすいのかがわかります。

同じ部分が何回も故障しているのであれば、その車の耐久性としてはあまり良いとは言えないでしょう。

タイミングベルトの交換

◎タイミングベルトとは◎

タイミングベルトはエンジン内部にあり、クランクシャフトとカムシャフトを結んでいます。エンジンが規則的な回転運動を続けるためにはなくてはならない重要な部品です。 

タイミングベルトとは、車にとって非常に重要な部品になります。

交換周期は、約10年となっています。

エンジンの内部についていることから、自分で確認することは不可能と言っても過言ではありません。

なので、交換周期の10年を目安にする必要があります。

1度も交換せずに乗り続けていると、途中でタイミングベルトが切れる恐れがあります。

10万キロの車を購入する際は、タイミングベルトの交換がしっかりされているのかを確認しましょう。

10万キロを超えた車の車検費用

10万キロを超えた車検費用ですが、結論から言うとかなり高くになります。

その価格帯というのが約15万円〜20万円の間になると考えられます。

このくらいの価格で行ってくれるカーショップであれば、細かい部分まで点検してくれぼったくられる心配もありません。

数万円で行ってくれる場所もありますが、その場合はしっかり車検を行っていない可能性があります。

すると、車の故障にも繋がってくるので、あまり安過ぎてもオススメできません。

しかし、車のどこかに故障している部分や交換部品などが見つかった場合は追加で料金がかかる恐れがあります。

車検の費用は大きく分けて下記の3つに分かれます。

  • 法定費用
  • 点検整備費用
  • 手数料 

総走行距離が10万キロを超えても法定費用と手数料は大きな違いはありません。

大きく変わってくるのが、点検整備費用です。

10万キロを超えてくると、自然と交換部品もかなり多くなってきます。

見積もりの部分で事前に交換しなければいけない部品を洗い出しているので、見る前から十数万円かかると見積もっているようです。

10万キロ以上の車を車検に出す際は、最低限上記の金額は準備しておく必要があります。

10万キロを超えた車のメンテナンスが必要な部分

10万キロ超えた車には必要なメンテナンスの部分があります。

これから10万キロ超えた車を購入しようと考えている方は、以下の部品がちゃんと交換されているか、メンテナンスされているかをチェックしましょう。

  • タイミングベルト
  • ウォーターポンプ
  • フューエルフィルタ・ポンプ
  • ラジエータホース
  • ラジエータキャップ
  • サーモスタット
  • プラグコード
  • マフラー
  • ダイナモ
  • ディスクローター
  • ブレーキキャンパー
  • ステアリングラックブーツ
  • タイロッドエンドブーツ
  • ショックアブソーバー
  • トランクアブソーバー

全部で15個の部品があります。

10万キロを超えた車は、交換した方が良い部品になりのでしっかり交換されているか確認しましょう。

また、購入後に交換してないことに気づいた際は早めに新品の部品に交換することをオススメします。

まとめ

昔と違って現代の車は年々耐久性が良くなってきています。

昔限定で10万キロ超えた車種しかない車もあります。

そのような車はすごくロマンがあるので、個人的には購入するのはすごくありだと思います。

しかし、購入する際はしっかり準備する必要があります。

車の故障歴を調べたり、過去に交換した部品はどの部分なのかなど調べることがたくさんあります。

また、もしも購入後に故障した場合のお金なんかも必要になってきます。

今回の記事で紹介したようなポイントをしっかり抑え、洗い出したメンテナンスするべき部品がしっかり交換されているのかを調べつつ購入した方が、損することなく満足なカーライフを楽しむことができます。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。