車のお役立ち情報

【経験談】重い・軽いタイヤは走りやすさに影響する?適切な重量を車種別に紹介

  • 重いタイヤと軽いタイヤどちらにするか迷っている
  • 車種別で適切なタイヤの大きさを知りたい
  • タイヤの購入に悩んでいる 

今回は、このような方にとっての記事になります。

誰でも簡単に購入できるTIREHOOD

冬も明け待ちわびた暖かい春がすぐそこに近づいています。

車好きの方々でしたら、ドライブしやすい気温になるということで待ちわびている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になってくるのがタイヤ交換です。

タイヤ交換を自分でやろうとすると、高い技術が必要になってきます。

  • タイヤの取り付けをすることができない
  • タイヤ交換の予約が取れない
  • できるだけ安くタイヤを購入したい

このような方々はいるのではないでしょうか??

そのような方にオススメしたいのが、タイヤ購入と取り付けができるTIREHOODです。

タイヤ交換といえば、郊外のカーショップやガソリンスタンドなどで行う印象がありますが、予約が取れないという経験をした方も多いのではないでしょうか。

しかし、TIREHOODではカーショップやガソリンスタンド以外に整備が整った自宅近くのガソリンスタンドで行っているのも強みになってきます。

わざわざ遠くへ行かなくてもすぐにタイヤ交換をしてくれます。

「ネット通販ならではの価格」「ご自宅近くでの取付作業」と いうネットとリアルの良いとこ取りのサービスです。

インターネットでタイヤを購入すれば半額以下で購入できる場合もあります。

TIREHOODで探す

タイヤの重さが走りやすさに重要な理由

タイヤの重さは、車の走りやすさを求める上で非常に重要な役割になっています。

  • タイヤの接地感の違い
  • スピードの乗りやすさ
  • 停止しやすさ
  • ロードノイズの大きさ 

それでは1つずつ紹介していきます。

タイヤの接地感の違い

タイヤの重さによって、タイヤの接地感が異なります。

重いタイヤを使用すると、タイヤの接地感を非常に感じるようになります。

そのため、砂利道や路面が安定していない場所を運転しても安定しながら進むことができます。

車が持つ本来の力をそのまま路面に伝えることができるので、非常に安定して走行できます。

しかし軽いタイヤになると、タイヤの接地感が薄いため直で路面を感じやすくなります。

ハンドルが安定しなかったりするため、走行する際はゆっくり慎重に運転するようになります。

スピード乗りやすさ

スピードの乗りやすさにもタイヤの重さは影響してきます。

上記で紹介した路面との接地感があるということで、重いタイヤはスピードに乗りやすくなっています。

走行時の安定性が保たれ、ハンドルが安定していることでスピードにもすぐにのることができます。

しかし、軽いタイヤになってしまうと路面との接地感が重いタイヤに比べて少ないため、通常の路面でもスピードに乗るにはアクセルを深くふむ必要があります。

深く踏むことによって、エンジンにも支障をきたすため、運転する際は慎重に運転する必要があります。

停止しやすさ

タイヤの重さは停止しやすさにも影響してきます。

重いタイヤで停止しようとすると、ブレーキペダルをできるだけ深く踏む必要があります。

誰もが知っているようにブレーキはタイヤを止めようとする力になっているので、止める物体が重ければ重いほど止まりにくくなります。

それに対して、軽いタイヤになるとすごく止まりやすくなります。

車のブレーキペダルの減りが少なくなることや燃費の良い走りをすることができます。

ロードノイズの大きさ

誰でも経験したことあると思いますが、ロードノイズの大きさにも影響してきます。

軽いタイヤになってしまうと、接地感が少ないためロードノイズがすごく聞こえます。

これは、乗り心地が悪いという意味にもつながります。

重いタイヤの方が、ロードノイズが少なく運転している方も乗っている方も心地よくドライブを楽しむことができます。

室内のオーディオが聞こえないくらいのロードノイズが聞こえる場合もあるので、重いタイヤとの大きな違いになります。

車種別に適切なタイヤの重さを紹介

車の車種別によって適切なタイヤの重さがあります。

適切なタイヤの重さにすることによって、車本来の力や走りやすさが格段に上がるのでそれぞれの車種にあったタイヤを選ぶようにしましょう。

  • 軽自動車
  • 普通乗用車
  • SUV 

1つずつ紹介していきます。

軽自動車

軽自動車は基本的に14インチのタイヤホイールを履いています。

その重さについては、メーカーによってばらつきはありますが、ホイールの平均的な重さが6kg。

タイヤの重さが約5kgということで、それらを合わせると約11kgということになります。

ホイールの作りというのは、アルミ・鉄・鋳造など様々な種類があります。

それぞれの種類で重さが変わってくるので、事前に調べる必要があります。

普通乗用車

普通乗用車に使用されているタイヤホイールの大きさは、16インチです。

白ナンバーの乗用車は基本16インチと認識しておけば、大丈夫です。

気になるホイールの重さが約10kg、タイヤの重さが8kgということでタイヤホイール全体の重さが約18kgということになります。

当然軽自動車と比較すると、格段に重さが変わってきます。

SUV

SUVの平均的なタイヤホイールの大きさは、18インチになります。

18インチになると車全体の安定性や走行性が優れ、乗り心地が非常に良いです。

気になる重さは、ホイールが約14kg、タイヤが12kgとなっています。

トータルの重さとしては26kgと上記で紹介した2つのタイヤの種類よりも格段に重くなっています。

これがSUVのタイヤのネックな部分です。

タイヤ交換をする際は、しっかりとした工具と精密な技術が必要になってくるので、最新の注意を払う必要があります。

重いタイヤのメリット・デメリット

重いタイヤのメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

  • 接地感が非常にある
  • 下り坂でスピードが出る

1つずつ紹介していきます。

接地感が非常にある

重いタイヤは非常に接地感があります。

接地感があることによって、悪路や道路状況が悪い路面でも安定して走行することができます。

車本来の走る力を路面に伝え、軽いタイヤよりも加速やスピードに乗りやすいというメリットがあります。

下り坂でスピードが出る

下り坂でアクセルを踏まなくても、自然とスピードが出ます。

タイヤが重いとその分タイヤは転がろうとするので、下り坂ではあまりアクセルを踏まなくても自然とスピードが出ます。

これは、燃費の良さにも関わってきており少しアクセルを踏むだけですぐにスピードが出るので、非常に運転していて楽しいですし、快適なドライブを楽しむことができます。

デメリット

  • ブレーキの負担が大きい
  • タイヤ交換が大変

1つずつ紹介します。

ブレーキの負担が大きい

大きな重量が重いタイヤの運動を止めるようになるので、自然とブレーキの負担も大きくなってきます。

タイヤという物体は、物凄い力で回っているため大きなタイヤであればあるほどブレーキもつい良い力で止めるようになります。

そうなるとブレーキペダルの減りも早くなってきてしまいます。

大きければ大きいほど、車のメンテナンスという部分も怠ってはいけません。

タイヤ交換が大変

タイヤが重いので、タイヤ交換をする際は整った工具・整備が必要になってきます。

さらに工具だけではなく、タイヤを交換する技術も必要になってきます。

軽自動車ならばタイヤも車体も重いタイヤに比べて軽いので、すぐにタイヤ交換することが可能ですが、重いタイヤになると一気に作業性が悪くなります。

重いタイヤを交換する際は、業者やカーショップなどに頼むのが一番手っ取り早いです。

軽いタイヤのメリット・デメリット

軽いタイヤのメリットデメリットを紹介します。

メリット

  • スピードが乗りやすい
  • 燃費が良い走りができる
  • タイヤ交換が楽
  • ブレーキの負担を減らせる

1つずつ紹介していきます。

スピードが乗りやすい

軽いタイヤだと平面の路面だとスピードに乗りやすいです。

車体やタイヤが軽いため、その分アクセルも少し踏めばすぐにスピードに乗ることができます。

しかし、悪路や坂道などになるとアクセルの力が弱いため、スピードに乗りづらくなります。

平面だと快適に運転できます。

燃費の良い走りができる

タイヤ・ホイールが軽いため車全体の重量が軽くなり、スムーズに進むことができます。

車を進めようとする力が重いタイヤよりも少ないことから、燃費の良い走りにもつながります。

また、アクセルもベタ踏みする必要がないので、耐久性につきましてもしっかりメンテナンスしておけば、数十年故障することなく乗り続けることができます。

タイヤ交換が楽

タイヤが軽いと非常にタイヤ交換が楽になります。

重いタイヤに比べると、タイヤを運ぶのも容易にできますし、車体全体の重さもある程度軽いので、時間もかけることなくタイヤ交換ができます。

しかし、タイヤを交換する技術や知識は必要になってくるので、事前にしっかり準備をしておきましょう。

ブレーキの負担を減らせる

タイヤ・ホイールが軽い作りになっているので、ブレーキの負担も減らすことができます。

重いタイヤになると、すごい力がタイヤに加わっているためそれと同等のブレーキの力で止める必要があります。

しかし、軽いタイヤになるとタイヤ自体の重さが比較的かくるなっているので、そんなにブレーキの力を加える必要がありません。

それによって、ブレーキペダルの減りも少なくなるので、長い間乗り続けることができます。

デメリット

  • 悪路の走行が困難
  • ロードノイズがうるさい

1つずつ紹介していきます。

悪路の走行が困難

軽いタイヤは接地面が少ないため、悪路の走行が非常に困難になります。

特に砂利道なんかになると、車体全体に振動が伝わるため乗り心地がめちゃくちゃ悪くなります。

軽いタイヤの際は、できるだけ平面の道路を走行することをオススメします。

ロードノイズがうるさい

軽いタイヤのロードノイズは非常にうるさいです。

上記でも紹介した悪路や砂利道はもちろんのことですが、平面の路面ですらロードノイズが響きます。

スピードを出せば出すほどロードノイズが響いてくるので、乗っている方からすると乗り心地が悪く感じてしまいます。

快適なドライブを楽しみたい方は、そんなにスピードを出さずゆっくり走行しましょう。

まとめ

軽いタイヤと重いタイヤはそれぞれ特徴があります。

どちらが良いかは人によって異なります。

乗り心地や快適性を考えると圧倒的に重いタイヤの方が良いですが、その分ブレーキペダルの減りや燃費の部分が少し劣化してしまいます。

それに対して、軽いタイヤになると燃費の向上やタイヤ交換が楽というメリットがありますが、その反面乗り心地が悪いだったり、ロードノイズがうるさいというデメリットも存在します。

車選びをする際は、車体だけでなくタイヤのことも考えるとより自分にあった車を購入することができます。

タイヤ交換は業者に頼んだほうがいい?

タイヤ交換は業者に頼むことをオススメします。

タイヤ交換を自分でやるには、整った工具や整備が必要になってきます。

それ以外にもタイヤ交換に対しての知識も必要になってきます。

何もわからない状態でネットの情報だけでタイヤ交換をしてしまうと、走行中にタイヤが外れてしまうことや車体に傷をつけてしまう恐れがあります。

そのような状況にならないためにも業者に頼んでタイヤ交換をしてもらった方が安心です。

◎タイヤ交換を業者に頼む際のポイント◎ 

  • なるべく早く予約をする
  • 1本どのくらいで交換できるか把握する
  • いくつかの店舗を回って安いショップでタイヤ交換をする

上記が業者にタイヤ交換してもらう際のポイントになります。

初心者の方は、是非参考にしてください。

また、タイヤの購入と取り付けをしてくれるサービスもあります。

それがTIREHOODです。

タイヤの購入・取り付けができるTIREHOOD

  • タイヤの取り付けをすることができない
  • タイヤ交換の予約が取れない
  • できるだけ安くタイヤを購入したい

このような方々はいるのではないでしょうか??

そのような方にオススメしたいのが、タイヤ購入と取り付けができるTIREHOODです。

タイヤ交換といえば、郊外のカーショップやガソリンスタンドなどで行う印象がありますが、予約が取れないという経験をした方も多いのではないでしょうか。

しかし、TIREHOODではカーショップやガソリンスタンド以外に整備が整った自宅近くのガソリンスタンドで行っているのも強みになってきます。

わざわざ遠くへ行かなくてもすぐにタイヤ交換をしてくれます。

「ネット通販ならではの価格」「ご自宅近くでの取付作業」と いうネットとリアルの良いとこ取りのサービスです。

インターネットでタイヤを購入すれば半額以下で購入できる場合もあります。

TIREHOODで探す

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。