レクサス

【誰でもすぐわかる】レクサスNX”標準グレード”と”Version L”の違いを徹底紹介。標準装備の違いが多すぎ。

  • レクサスNXのどのグレードを購入するか悩んでいる方
  • 標準グレードとVersion Lの違いを知りたい方
  • NXの標準グレードが気になる方 

今回はこのような方にとっての記事になります。

 

車の下取りの際には必ず一括査定サイトを使い査定額の相場を把握しておきましょう!

ディーラーでの下取りの際に、足元を見られないための交渉材料として把握しておくためです。

また、ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

休日はもちろん、平日仕事終わりでも対応可能です

\無料【1分で登録】/

楽天一括査定で売却※登録費用など一切お金はかかりません。

※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

レクサスNXで展開されている”標準グレード”と”Version L”

レクサスNXには以下の4つのグレードが展開されています。

  • 標準グレード
  • I Package
  • Version L
  • F SPORT 

今回対象となっているグレードは1つ目の『標準グレード』と2つ目の『Version L』になります。

レクサスNXを購入しようと考えている方の中でどのグレードを購入するか悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

大きく分けて4つのグレードがあるわけですが、もちろんそれぞれに特徴や強みなんかがあります。

4つある中でも今回は、2つグレードに特化し、どこに違いがあるのかを紹介していこうと思います。

各グレードの金額に関しては以下の通りです。

標準グレード 4,546,000円 (4,132,727円)〜
I Package 4,729,000円 (4,299,091円)〜
Version L 5,218,000円 (4,743,636円)〜
F SPORT 5,218,000円 (4,743,636円)〜

また、他のグレードに関しては以下の記事でも紹介させていただいているので、是非参考にしてください。

↓『レクサスNX”Version L”と”F SPORT”の違いとは??』に関する記事はこちら↓

【LEXUS】レクサスNXの"Version L"と"F SPORT"の違いとは?エクステリアから性能まで徹底解説。 レクサスNXでどのグレード購入するか悩んでいる方 NXのグレード別での違いを知りたい方 "Version L"と...

標準グレード

NXで展開されているベースグレードになります。

座席シートから搭載されている装備まで”Version L”との差がかなりあります。

その中でも座席シートには大きな違いがあります。

以下の部分で詳しく紹介しますが、”標準グレード”だとファブリックシートですが、”Version L”だと本革シートになります。

詳細に関しては以下の部分で説明します。

Version L

NXの中では”F SPORT”と並ぶ上位グレードに位置するグレードになります。

走行性というよりかは、内装の居住感だったり、乗り心地という面にかなり特化したグレードになります。

乗車した方のことをよく考えられているグレードになっていて、どんな方でも乗っているとかなり上質な空間を楽しむことができます。

その理由としては、装備されている1つ1つの装備にすごく特徴があります。

その装備に関しては、以下の部分でしっかり紹介していきます。

“標準グレード”と”Version L”の違い

それでは本題のグレード別の違いについて紹介してきます。

違いについては、エクステリアとインテリアに分けて説明していきます。

今回は標準装備の部分で紹介していきます。オプション装備は含めません。

エクステリア

  • ヘッドライト
  • ホイール

上記の2つに違いがあります。

こうみるとエクステリアに関してはあまり違いがないそうです。

詳しく説明してきます。

ヘッドライト

エクステリアのメインになるのが、ヘッドライトになります。

“標準グレード”になると、普通のLEDヘッドライトになるんですけど、これが”Version L”になると、レクサスの代名詞である三眼LEDヘッドライトになります。

↓標準グレード↓

↓Version L↓

レクサスといえば三眼LEDヘッドライトが必須という方は、絶対に”Version L”にするべきです。

このデザインというのは非常に人気のあるデザインで、これに惚れて購入する方も多くいるそうです。

自分もこれに惚れて購入したと言っても過言ではありません。

ホイール

次に違う点というのが、ホイールのデザインになります。

“標準グレード””になると、17インチのアルミホイールになるんですけど、これが”Version L”になると18インチのアルミホイールになります。

↓標準グレード↓

↓Version L↓

しかし、この標準グレードのホイールはオプションでバージョンLと同じホイールにすることができます。

↓標準グレードのオプションホイール↓

17インチだと満足できないという方は、オプションでホイールを変更させるのもありですね。

インテリア

  • 座席シート
  • スカッフプレート
  • ステアリングヒーター
  • パワーイージーアクセスシステム
  • シートヒーター

続いてインテリアになります。

エクステリアに比較してかなり多くの違いがあります。

1つずつ紹介していきます。

座席シート

まず1つ目が、座席のシートですね。

“標準グレード”は、ファブリックシートなんですけど、”Version L”になると、本革シートになります。

↓標準グレード↓

↓Version L↓

ファブリックシートとは、生地や布地のようなもので、文字通り難燃性化学繊維でできた布地が採用されているそうです。

メリットとしては、価格が安いや手入れが不要など、非常に維持しやすいデザインのシートになります。

ファブリックシートだったり本革シートにはそれぞれのメリット・デメリットがあるので、自分にあったシートを選択する必要がありますね。

↓『NXに採用されている座席シートの違い』に関する記事はこちら↓

https://like-cars.com/2020/12/30/nx-seat/

スカッフプレート

続いて、足元のスカッフプレートになります。”標準グレード”は、レクサスのロゴが入っているのですが、”Version L”はレクサスのロゴプレートが埋め込まれているようですね。

↓標準グレード↓

↓Version L↓

ステアリングヒーター

続いてはステアリングヒーターです。

“標準グレード”にはついていませんが、”Version L”になると標準でついています。

この機能はかなり嬉しい機能です。

気温が低い時期に、活躍する機能なのではないでしょうか

朝かなり冷える手ですが、そこでステアリングがあったかいことによって、何も気にせず、運転できます。

これがないと、ステアリングってかなり冷たいです。

なので、運転にも集中できなくなってしまって、危険度も上がってきてしまいます。

是非この機能はおすすめです。

パワーイージーアクセスシステム

次は、パワーイージーアクセスシステムです。

こちらも”標準グレード”にはついていませんが、”Version L”にはついています。

この機能は、ボタン1つでシートとステアリングが記憶した場所に勝手に動いてくれるという機能になります。

多数の人が運転する方であれば、この機能オススメです。

自分の場合は、自分しか運転しないので、この機能使う頻度は少ないんですけど、うまく使えば、時間短縮にもなります。

シートヒーター

最後の違いは、これシートヒーターの有無です。

“Version L”は前席・後席どちらにもついていますが、”標準グレード”になると、ついていないデザインになります。

運転席と助席についていないので、少しこれはネックですね。

そんなに使うかと言われると使用頻度は少ないんですけど、寒い時期なんかに使用すると快適なドライブにも繋がるので、会った方が便利になります。

レクサスの購入を考えている方へ

レクサスを新車で購入となると高級車なので高い金額になってしまい、購入できないと言う方も多いと思います。

そんな方へオススメするのが『レクサス認定中古車CPO』です。

高品質かつ低価格で販売されているので、誰でも購入することができます。

そして、次に大事なことがあります。

レクサス車の購入を考えている方は絶対に認定中古車で購入すべきです。

一般中古車は安くて気軽に購入することができますが、すぐに故障してしまいます。毎回毎回それを修理していると維持費がかなりかかってきます。

認定中古車で購入すれば、すぐに故障する恐れは一切ありません。高い技術を持った整備士によって最高の車に仕上がっているので心配する必要がないです。

したがって、レクサスの認定中古車の購入を考えている方は事前にネットで自分の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方は特に月末に買取り査定をしてみることお勧めします。

とりあえず自分の愛車の相場が知りたい方はこちらをチェック【無料

上記URLから申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

レクサスオーナーねもなおが使っている無料ネット査定はコチラ

※無料期間はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。