レクサス

【LEXUS】レクサスNXの”Version L”と”F SPORT”の違いとは?エクステリアから性能まで徹底解説。

  • レクサスNXでどのグレード購入するか悩んでいる方
  • NXのグレード別での違いを知りたい方
  • “Version L”と”F SPORT”の違いを知りたい方 

今回はこのような方にとっての記事です。

レクサスNXのグレードとは?

 

レクサスで展開しているSUVタイプのNXは、レクサスの中で最も売れている車種とも言われています。

そこでこのNXを購入しようと考えてる方であれば、次に重要になってくるのがどのグレードを購入するかですね。

NXのグレードには以下のような4つのグレードが存在します。

◎NXのグレード◎

  • 標準グレード 
  • I Package
  • Version L
  • F SPORT

これは1度NXの購入を検討された方であれば知っていることだと思います。

ここで多くの方が迷われているのが、「Version L」「F SPORT」どちらを購入するかなんですよね。

“Version L”と”F SPORT”

NXの標準グレードとアイパッケージは、価格的にみてもそれなりに差があるんですけど、この“Version L”“F SPORT”というのは価格帯も全く一緒なので、どこに重視して良いかわからない方が多くいるそうです。

車に求めるスペックによっても、この2つのグレードどちらかに分かれるので、どんな方であればどちらを購入すれば良いといった例題も紹介していきます。

走行性を重視したい方、高級感を重視したい方であればどちらを購入すれば良いのかという部分についてもしっかり説明していきます。

“Version L”と”F SPORT”の違い

この2つのグレードの違いについては以下のように分類して紹介してきます。

  • エクステリア
  • インテリア
  • 車に搭載されている性能 

それでは一つずつ紹介していきます。

エクステリア

エクステリアでの違いは大きく分けて4つあります。

車を購入する上でポイントとなる部分をピックアップして紹介していきます。

フロントのデザイン

【Version L】

“Version L”のフロントのデザインはレクサスならではのスピンドルグリルになっている。

【F SPORT】

“F SPORT”専用のスピンドルグリルを使用している。

メッシュタイプのわかりやすくいうと、網目状のデザイン。

このフロントのデザインというのは、“F SPORT”最大の特徴です。

“Version L”のグリルももちろんかっこいいんですが、この圧倒的な存在感のある”F SPORT”専用のスピンドルグリルというのは、かっこいいです。

もうかっこいいとしか言いようがありません。

ヘッドライト

【Version L】

“Version L”は、三眼フルLEDヘッドランプとヘッドランプクリーナーがついています。

【F SPORT】

三眼フルLEDヘッドランプではなく、通常のLEDヘッドランプ

ここも大きな違いになります。

しかし、”F SPORT”に関してはオプション装備で三眼フルLEDヘッドランプにすることができます。

ドアミラーのカラー

【Version L】

“Version L”は、ボディカラーに合わせたカラーになっています。

【F SPORT】

スポーツ感を出すために専用ブラック塗装ドアミラーを使用しています。

“F SPORT”は、ボディカラーが白でもブルーでもドアミラーはブラックになります。

一見合わないように見えがちですが、この専用ブラックというのは、光沢のある輝きを持ったブラックなので、ボディがどんなカラーでも合うようなデザインになっています。

ホイールのデザイン

【Version L】

“Version L”のホイールデザインは、レクサスらしいデザインになっている。

【F SPORT】

“F SPORT”専用のホイール。ダークプレミアムメタリック塗装が施された臨場感あるホイールのデザイン。

このホイールの違いもかなり大きい違いです。

“F SPORT”のダークプレミアムメタリック塗装が施された臨場感あるホイールのデザインは、かなりのスポーツ感を匂わせていますね。

それに対して”Version L”のホイールもかなりかっこいいため、ホイールのデザインというのは人によっての好みで分かれてくると思います。

以上がエクステリアの違いになります。

エクステリアについては、Fスポーツ専用というのが、すごく目立つデザインになっています。

グリルだったりドアミラー、ホイールこれ全てが専用です。

ここはレクサスが非常に力を入れている部分なのではないでしょうか。

インテリア

このインテリアに関しては細かく見ると数多くなってしまうので、本当に特徴的な部分を抜粋して説明していきます。

シート

【Version L】

“Version L”は、座り心地がかなり良い本革シートを使用しています。

【F SPORT】

“F SPORT”は、専用本革スポーツシートというものを使用しています。

同じ本革シートではありますが、スポーツシートになると普通の本革シートに比べて少し幅が狭くなっています。

これはなぜかというとやはりスポーツタイプになるので、横揺れが少し多いようです。

その横揺れを少しでも少なくするために人がちょうどフィットするくらいの幅にしているようです。

フィットするとはいってもそんなにぴったりというわけではありません。

“Version L”の本革シートの方が幅にゆとりがあり、窮屈感があまりないデザインになっています。

ステアリングとシフトノブ

【Version L】

“Version L”はシートと同じで本革のデザインになっている。

【F SPORT】

“F SPORT”は、ディンプル本革になっています。

どちらも同じ本革では、できています。

ここでの違いというのがデザインです。

見てもらうと分かる通り違いというのがゴルフの玉の凸凹模様です。

これによって握りやすさが変わってきます。

しかし、どちらも本革を使用しているということで、あまりに技やすさに大差はないかなと感じました。

メーターのデザイン

【Version L】

“Version L”のメーターは、Charge・Ecoといったいかにもに環境や燃費のことを考えたようなメーターになっています。

【F SPORT】

“F SPORT”はザ・スポーツタイプという感じです。

これも比較してみると一目瞭然ですね。

スピードメーターに違いはありませんが、左のタコメーターに大きな違いがあります。

Fスポーツに関しては、中央のディスプレイに他にも様々な情報が映し出されるので、よりスポーツ感を味わうことができます。

以上がインテリアのデザインの大きな違いになります。

それでは最後に車に搭載されている性能の違いを見ていきます。

車に搭載されている性能の違い

性能の違いは2つです。

性能の違いの内容について詳しく紹介していきます。

後席のシートヒーターの有無

一つ目が後席のシートヒーターの有無です。

“Version L”であれば前席はもちろん後席までシートヒーターが使えるようになります。

しかし、”F SPORT”になると前席しかシートヒーターは使えません。

前席だけでなく、後席までしっかり拘っているのが“Version L”の特徴でもあります。

コンセントの有無

次に2つ目がコンセントの有無です。

“Version L”には後席の足元にAC100V・100Wのコンセントが設置されています。

これは”F SPORT”にはついていない装備です。

携帯の充電や他の端末の充電など様々な場面で使用することができるので、かなり便利な装備になっています。

以上が性能の違いになります。

車のタイプ別でのオススメグレード

ここまで紹介してきたデザインの違いだったり、性能の違いこれらを踏まえて、どういう方がどっちのグレードを購入すれば良いのかという内容に入ります。

“Version L”を購入した方が良い方

  • 乗り心地が良い車に乗りたい方
  • 快適なドライブを楽しみたい方
  • 内装のラグジュアリー感を感じたい方

気づいた方もいると思いますが、先ほどの違いを聞いてやっぱり内装の高級感と乗り心地を重視したグレードです。

運転する方を考えているよりかは乗っているお客様を常に考えたデザインなのかなと感じました。

後席のシートヒーターだったりゆったりと座ることができる本革シート。

全てを考えるとかなり乗り心地が良いグレードになっています。

“F SPORT”を購入した方が良い方

  • 外装のかっこいいデザインに惚れた方
  • とにかく走行性を重視したい方
  • スポーツカーのような走破性を求めている方

このグレードは、スポーツカーのような走行性とエクステリアのカッコよさに特化しているように感じました。

全体のカラーをブラック主体にしたり、なんといっても”F SPORT”専用のグリルですね。

こういったデザインを考えると乗り心地よりかは先ほども言ったように走行性に重視しているように感じます。

また、”F SPORT”はリセール率もかなり良いです。

NXのリセール率が一番良いグレードが”F SPORT”で2番目に”Version L”がきます。

もしも、購入してからのことを考えている方がいるなら、”F SPORT”を購入した方が良さそうですね。

車を買い替えを考えている方へ【無料】

愛車の乗り換えを考えている方は事前にネットで無料の車の買取り査定をしておくことを激しくオススメします。

営業マンは日々のノルマを達成しようと必死なので「今契約しないと納車が更に遅れます!」「今日ハンコ押して決めてくれるならこの条件で!」など、下取り価格の相場を把握する前にうっかりハンコを押してしまうことがあるからです。

断れない人は困りますね。

ディーラーでの下取り交渉で良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、金額を交渉材料として把握しておくのがマストです。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに提示することによって値引き+下取りで価格交渉ができるので、良い条件が引き出せる可能性が高いです。

ディーラーによっては値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は買取店に売却してしまえば良いと思います。

逆にディーラーでの下取りを先に行い、そのディーラーでの見積もり額を買取店に伝えて査定をしてもらうのもありですね。

自分の車の買い替えや売却を少しでもお考えの方はネットで買取り査定をすることを強くお勧めします。

店頭ですと平日は店がしまってしまいますが、ネットですと平日の仕事終わりでも対応してくれます。

申し込んで、電話がかかってきたら「とりあえず今乗っている車の査定額が知りたい」と伝えてくいただければOKです。

売却するかどうかは価格次第になると思いますが、とはいえ今興味がある車が他にあるならそっちに早く乗り換えるのも悪くないと思います。

車は時間が経過するごとに価値が下がる物なので、高く売れるうちに売ってしまって次の車の軍資金に当てる方が安上がりだったりすることが多いです。

私は常に自分の愛車の査定額を把握するため、よく下記サイトで査定を申し込んでいます↓

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】


  • 電話連絡は高額査定3社のみ
  • 申し込み翌日に査定が完了
  • 手数料は完全無料
  • 最大20社で査定比較
  • 45秒で申し込み

ねもなおが使っているMOTA車買取

公式サイト:https://autoc-one.jp/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

また、ネットの一括査定以外にも車を高額で売却する方法があります。

そこで使用するサービスがどこよりも高く売れる自動車フリマ【カババ】になります。

ネットでの一括査定を大きく違う点は、手数料などの追加費用がゼロ、営業電話なしという点です。

一括査定のサービスにもよりますが、平均的な成約手数料は20,000円〜30,000円となっています。

しかし、

カババの場合は購入される方からいただいており、売れた金額は全額オーナー様のものになります。

  • 車の査定
  • 出品
  • 売却
  • 名義変更
  • 陸送

の一連の流れを全てプロが代行してくれるので、初めてネットで売却する方でも簡単に利用することができます。

  • 売れた金額は全額オーナー様のもの
  • ローンの残債があっても出品可能
  • 名義変更やクレームが来たら代行
  • 面倒な営業電話もなし
  • 出品料・成約料・出張鑑定料・出品キャンセル料全て無料
  • 一括査定よりも高く売れる!

ねもなおが使っている自動車フリマ【カババ】

公式サイト:https://www.car-byebuy.com/

※登録費用など一切お金はかかりません。
※無料査定はいつ終わるかわからないのでお早めに。

ABOUT ME
like-cars
愛車歴:スズキ ハスラー⇨レクサスNX300h アルファード納車待ち。 農業兼サラリーマンの24歳車好きブロガー 車の魅力・車のかっこよさを伝え、1人でも多くの車好きの方を増やす