トヨタ

【環境を考えたクルマ】次期型モデル『トヨタ MIRAI Consept』のチャレンジ精神

みなさん。こんにちは。

今回は、東京モーターショーのMEGA WEB会場である「FUTURE EXPO」に展示される

【燃料電池車 MIRAI Concept】

についての記事になります。

今回の『MIRAI Concept』は、開発最終段階のモデルになっている。

現行のモデルと比べると大きく変化しており、画像を見てもらうとわかるようにかなりエモーショナルなスタイリングになっている。

今後の自動車界を引っ張っていくであろう次世代のクルマ『MIRAI Concept』は一体どのようなクルマに仕上がっているのか調査していきましょう。

↓東京モーターショーはこちら↓

https://www.tokyo-motorshow.com/

そもそも燃料電池車『MIRAI』はどんなクルマか?

2014年12月に発売された『MIRAI』とは、量産型セダンとしてトヨタ自動車展開している世界初の燃料電池車である。

走行時のCO2排出量が0ゼロであり、短時間で燃料となる水素充填が可能。さらに、航続距離が500km以上走ることから世界中では「夢のクルマ」として非常に話題になっているクルマである。

各社燃料電池車の開発に取り組んでいたが、一足早くトヨタが高い技術力、生産力を駆使して開発させることに成功したかなり手の込んだクルマになっている。

水素タンクから水素を使って、トヨタが自社開発をした『FCスタック』と呼ばれるシステムによって水素を化学反応で発電させる。発電させた電気をトヨタがこれまでに追求してきたハイブリッドシステムと融合させ、かなりの航続距離を走れるクルマと共にCO2を排出しない環境にとても優しいクルマになっている。


燃料電池車『MIRAI Concept』発売の狙い

今回公開された「MIRAI Concept」は、次期型『MIRAI』の開発最終段階のモデルになると説明されている。

開発最終段階モデルとなると、現行のMIRAIの後継車になるということがわかる。

2014年12月に発売された現行MIRAIの次のモデルで、現行MIRAIを置き換えていくものになる。

トヨタ側からすると『燃料電池車』の開発にいまる力を全てを捧げ、世界でも戦っていけるようなクルマを開発させることで世界中に衝撃を与えようとしているのではないでしょうか。

燃料電池車『MIRAI Concept』のスペック

開発最終段階モデルということでかなり充実したスペックが発表されている。

今回は、現段階でわかっている魅力的なスペックについて紹介していきます。

ボディサイズ

ボディサイズ 現行 『MIRAI』 『MIRAI Concept』
全長 4,890mm 4.975mm
全高 1,815mm 1,885mm
全幅 1,535mm 1,470mm
ホイールベース 2,780mm 2,920mm

航続距離の向上

FFCVとしての性能を大きく高めると共に、水素搭載量の拡大などによって航続距離も従来モデル比で約30%延長することを目標をして開発を行っているようです。

現行モデルでのカタログ記載の航続可能距離が650kmになっているので『MIRAI Concept』は800km 以上の航続距離になるということですね。

その仕組みとしては現行モデルの『水素タンクの容量をアップさせ、向上したFCスタックを搭載』させるようです。

そもそも650kmでもかなりの距離を走る仕上がりになっているはずですが、それ以上にもっと上も目指すために30%向上させる努力をしているトヨタ自動車はさすがというしかありませんね。

TNGAプラットフォームの採用

世界中の自動車界に衝撃を与えた燃料電池車『MIRAI』ですが、かなり複雑な作りになっていることから今まで量産型にするには少し困難であった。

そこで今回『MIRAI Concept』にするにあたって、トヨタ自動車自慢の『TNGAプラットフォーム』を採用することにしたそうだ。

◎TNGAプラットフォームとは◎

トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーと呼ばれ、トヨタ自動車が独自に開発した、商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両作りのシステムの総称である。

このシステムを採用することで今まで困難であった量産型へもっていけるようにしっかり対策を行なっているそうです。

トヨタ自動車は公式に2020年以降、グローバルで年間3万台以上(バスなども含む)の燃料電池車の販売を計画しているので、それに向けて準備をしている最中ということですね。

気になる価格は?

現行モデルでの価格は、7,409,600円〜となっており、「ちょっと高すぎるんじゃない?」と思った方も多いのではないでしょうか。

すごい魅力的なクルマなだけあって裏ではそれなりにお金がかかってしまっているのでその分価格も高くなってしまっているのが実態ですね。

しかし、今回の『MIRAI Concept』は、現行モデルの価格を下回るのではないかと予想しています。

やはり現行モデルの価格設定は高すぎたのか売り上げ思ったように伸びていないようにも見えました。

今以上に安くなると共に新感覚走りを期待できるのは今からすごくワクワクしますね。



まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、東京モーターショーにて発表された燃料電池車『MIRAI Concept』についての記事でした。

まだまだ詳しいスペックについては発表されていませんが、現時点でわかっているスペックだけ見てもすごく魅力的なクルマになっていますね。

また、発売日は2020年末となっています。

現行モデルよりにさらに進化しているクルマに仕上がってくるので今後の情報もチェックしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。