トヨタ

【ハイブリッド燃費20%向上】次世代コンパクトカー『新型 ヤリス』の異次元スペック

みなさん。こんにちは。

今回は、先日トヨタ自動車から発表がありました、

【新型 ヤリス】

についての記事になります。

トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

2019年10月16日にこの『新型 ヤリス』を世界初公開しました。

このクルマの性能としては、『コンパクトな優等生』をコンセプトに作られ、実際に搭載されている様々なスペックが異次元レベルであり、魅力的なスペックばかりである。

今回は『新型 ヤリス』の進化した部分を調査していきます。

トヨタ『新型 ヤリス』とは?

東京モーターショーの期間中、お台場のヴィーナスフォートに展示される『新型 ヤリス』。

そもそも『新型 ヤリス』とは何をモデルにしたクルマなのか、どんなクルマなのか気になりますよね。

『新型 ヤリス』とは、トヨタが展開するコンパクトハッチバックの車種である。

国内ではこれまで、『ヴィッツ』という名前で売られていましたが、今回の新型は、発売が始まった1999年の初代から数えて4代目にあたります。

4代目になることで、今まで以上のクルマを作り出そうとトヨタ全体で動き出し、心機一転するためにクルマの名称を変更したそうです。

ボディサイズの大小関係なく、小さくても充実したスペックが備わったクルマに仕上げているので誰でもどハマりするクルマなのではないでしょうか。

それでは魅力的な部分を一つずつ調査していきましょう。

種類豊富なパワートレイン

『新型 ヤリス』のパワートレインは、種類豊富の3種類が存在します。

新開発の1.5リッター3気筒ハイブリッド(エンジン型式:M15A-FXE)、同じく新開発の1.5リッター3気筒直噴ガソリン(同:M15A-FKS)、そして現行型にも搭載されている1リッター直3ガソリン(1KR-FE)を大幅改良して搭載車を設定している。

グレード 搭載エンジン トランスミッション 駆動方式
X 1.0リッター(1KR-FE) Super CVT-i 2WD(FF)
X・”M package”
G
X 1.5リッター(M15A-FKS) Direct Shift-CVT 2WD(FF)または4WD
G
Z
X 6速マニュアル 2WD(FF)
G
Z
HYBRID X 1.5リッター(M15A-FXE)+THS Ⅱ 2WD(FF)またはE-Four
HYBRID G
HYBRID Z

期待通りの安全装備

今回のクルマを開発するにあたり、重点的に考えられたのは「安全性」である。

搭載された安全装備を箇条書きにするとかなり豪華な仕上がりになっています。

  • 「トヨタ・セーフティ・センス(TSS)」
  • レーダー・クルーズ・コントロール(前走車追随走行支援)
  • レーン・トレーシング・アシスト(車線内走行支援)
  • ロードサイン・アシスト(カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示)
  • オートマティック・ハイビーム(自動ロー・ハイビーム切り替え)
  • セカンダリー・コリジョン・ブレーキ(二次衝突による被害の低減)
  • プリ・クラッシュ・セーフティ(右折時にクルマや横断者を検知)
  • アドバンスド・パーク(高度駐車支援システム)
  • E-Four(電気式4WDシステム)の充実

かなり安全に重視した装備になっていますね。

この安全装備のラインナップをみるだけでもレベルの高いスペックであることがわかります。

すぐに走り出しようなエクステリア

スペックが充実した、上質なクルマを目指し開発されました。

ボディサイズについても誰もが運転しやすい大きさになっています。

◎ボディサイズ◎

・全長:3,940mm

・全幅:1,695mm

・全高:1,500mm

続いて、エクステリアについてみていきましょう。

【フロントグリル】

【リア部分】

グリル・リア部分を通して、あまり変化点はないようにみえます。

この顔つきを見ると、今すぐにでも走り出してしまうような鋭い顔つきになっていてかっこいいですね。

また、ボディサイズが少しコンパクトになり、快適な走りをしてくれること間違いなしですね。

無駄がないインテリア

こちらがインテリアです。

なんとも目立っているのが、この『大きいナビ』ですね。

コンパクトなボディサイズでありながら、見やすいかつ使いやすい大きなナビを搭載していることは運転手からすればとても嬉しいことです。

ナビだけでなく、他のボタンやハンドル周りについても手が抜かれておらず、細かい部分までカッコよく仕上がっているので快適に運転することができます。

気になる発売日

この記事を見てきた中で興味が湧いた方は、やはり発売日がすごく気になりますよね。

まだはっきりとはしていませんが、発売予定時期は、【2020年2月】となっています。

こちらの『新型 ヤリス』は、現段階ではまだ開発中の段階であり、正式な発表は2019年12月にされるそうです。

発売と同時に購入したいという方は、予約が殺到する恐れがあるので早めにディーラーへ行くことをオススメします。

また、ネットでも『新型 ヤリス』についての情報を見ることが可能なので是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

https://toyota.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、先日トヨタ自動車から発表がありました『新型 ヤリス』についての記事でした。

もともと『ヴィッツ』がモデルとして作られているが、さらにコンパクトに仕上がっており、スペックについても安全装備に力を入れた作りに仕上がっています。

搭載エンジンについても、燃費重視の作りになっているのでユーザーにとっては魅力的な部分になるのではないでしょうか。

詳しいグレードや価格については2019年12月正式発表されるようなので、興味を持った方是非チェックしてみてください。

また、発売予定日は【2020年2月】になっているので早めにチェックしておく必要がありますね。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。