外車

【高級車の王道】ベンツの維持費は意外と安い?

みなさん。こんばんは。

今回は、誰もが聞いたことがあり、いつかは乗りたいなぁと思っている

【メルセデス・ベンツ】

について調べていきたいと思います。

いつかは、乗りたいとは誰もが思ったことがあると思います。

しかし、「高いから買えない」、「維持費が高すぎる」、「修理代が高すぎる」

などといった、金銭面の関係で購入しない方が大半なのではないでしょうか?

そのイメージはもう存在しません。

今回は、【メルセデス・ベンツ】について詳しく調査していきます。

これを最後まで読んだあなたは、きっとベンツを買う勇気が持てるようになるはずです。

メルセデス・ベンツの由来

《メルセデス・ベンツ》の歴史

普段、みなさんは知っているかのよう《ベンツ》と口にするが、そもそもいつ生まれたのでしょうか。

ベンツの始まりは、1926年に「ベンツ&カンパニー」と「ダイムラー・モトーレン社」の2社が合併して誕生しました。

輸入車の攻勢に立ち向かうために合併したそうです。

それぞれの会社の天才技術者は、以下の二人である。

・カール・ベンツ(1844年〜1929年)

バーテン大公国 ミュールドルフ出身 地元の工業高校で内燃機関の技術を学ぶ

・ゴットリープ・ダイムラー(1834年〜1900年)

南ドイツのヴュルテンベルグ王国 ショルンドルフ出身 1875年には世界初4サイクルエンジンの運転実験に成功

1939年には当時安全という概念がなかった中、「安全技術」という概念を発明した。

1980年以降では、オプション装備として、「エアバック」設定で先行している。

全体的に言えることは、【メルセデス・ベンツ】は世界の自動車界の先頭を突っ走ってきたメーカーであることがよくわかる。

輝かしい実績を残しているからこそ、『高級車』と呼ばれるのですね。

ベンツって結局いくら?

早速、【ベンツ】の車種について触れていきたいと思います。

「ベンツを買う!」とはいっても、やはり日によって好みが分かれます。

車を選ぶ上で「高いから買えない」という考えは無くした方がクルマ選びが楽しくなりますよね。

それでは、車種別で価格を見ていきましょう。

(上から安い順です。)

・Aクラス  新車価格:298〜475万円

・Bクラス  新車価格:313〜535万円

・CLAクラス  新車価格:351〜517万円

・GLAクラス  新車価格:351〜523万円

・CLAクラス シューティングブレーク  新車価格:360〜567万円

・Cクラス クーペ  新車価格:407〜476万円

・Cクラス セダン  新車価格:427〜657万円

・Cクラス ステーションワゴン  新車価格:442〜724万円

・Vクラス  新車価格:461〜699万円

・SLKクラス  新車価格:499〜792万円

●ここからワンランク上になります。●

・Eクラス セダン  新車価格:599〜1152万円

・GLKクラス  新車価格:611万円

・Eクラス ステーションワゴン  新車価格:634〜1188万円

・Eクラス クーペ  新車価格:702〜938万円

・Eクラス カブリオレ  新車価格:733〜989万円

・CLSクラス  新車価格:765〜1224万円

・Mクラス  新車価格:781〜812万円

・CLSクラス  新車価格:765〜1224万円

・Mクラス  新車価格:781〜812万円

・CLSクラス シューティングブレーク  新車価格:791〜1275万円

・Eクラス ハイブリッド  新車価格:915万円

・Gクラス  新車価格:998〜1388万円

●ここからツーランク上になります。●

・GLクラス  新車価格:1000〜1398万円

・Sクラス ハイブリッド  新車価格:1090〜1307万円

・SLクラス  新車価格:1224〜1604万円

・Sクラス  新車価格:1590〜2250万円

・Sクラス プラグインハイブリッド  新車価格:1590万円

・CLクラス  新車価格:1686万円

・Sクラス クーペ  新車価格:1690〜1910万円

安い順からずらずらを書きましたが、ベンツの車種別での価格はこの通りです。

一般人の方が買える値段から社長クラスでないと買えないクラスまで幅広く設定されていますね。

1年間にかかる維持費は?

外車となると、やはり維持費が大変なんじゃない?と思うのがほぼほぼ全員だと思います。

今回は『ベンツ』をモデルに1年通していくらかかるのか調べていきたいと思います。

年間を通して見てみると、やはり車種によって維持費の額は変わってきます。

ベンツ内で安い部類に位置している『Aクラス、Bクラス、Cクラス』を見てみると、

・自動車税、重量税:5万円

・自賠責保険、任意保険:8万円

・車検代:10万円

合計すると年間で23万円となります。

しかし、こちらには、故障してしまった時の修理代やガソリン代などは含まれていません。

この二つを含むとだいたい年間40、50万円くらいは最低限かかるのではないでしょうか。

この値段を安いと感じるか逆に高すぎると感じるかは個人差があると思います。

個人的には、世界中で昔から高級車と呼ばれる『メルセデス・ベンツ』に年間40、50万円払えば乗り続けることができるなんて、夢のような話だと思います。

まとめ

いかがでしょうか?

今回の記事をまとめると、

やはり、国産車に比べると維持費の面で多くかかるということです。

しかし、決して買うことができないというわけではありません。

年間40、50万円かかるということに対して、「安いな」と感じる方がいれば、「高すぎだよ」と感じる方もいます。

私自身は車にお金をかけたいという欲があるのでこの額に関してはすごく安いのではと感じました。

【メルセデス・ベンツ】は、世界中で高級車と呼ばれているブランドの為、いきていく中で一回は乗ってみたい車ですね。

今回の記事を見て、ベンツに乗りたいと思っていただければ幸いです。

それでは今回は、以上です。

ありがとうございました。

ABOUT ME
like-cars
クルマ大好きぎんなすです。 気になる車種があれば定期的に試乗に行ってます。 その試乗を元に様々なクルマをレビューします。 よろしくお願いします。